「盧生の夢」とは、人生のはかなさをたとえること

「盧生の夢」とは、人生のはかなさをたとえること。

読み方: ろせいのゆめ

意味:

  • 人生のはかなさをたとえること。
  • 夢のような栄華や富貴は、すぐに消えてしまうという例え。

語源:

  • 中国の唐代の小説「枕中記」にある故事から。

故事

  • 盧生という貧しい青年が、邯鄲という場所で道士から枕を借りて眠ると、夢の中で高官になり、栄華を極めた。しかし、目が覚めると、枕元で粟が炊き上がっていた。夢のような時間は、ほんの一瞬の出来事だった。

例文:

  • あの人の栄華も、盧生の夢のようなものかもしれない。
  • 人生は短い。盧生の夢のように、一瞬で終わってしまうこともある。
  • 目先の利益に惑わされず、地に足をつけて生きることが大切だ。

類義語:

  • 黄梁一炊夢
  • 邯鄲之夢
  • 朝露の命
  • 泡沫の夢
  • 南柯一夢

対義語:

  • 永遠
  • 不変
  • 長寿
  • 繁栄
  • 安定

補足:

  • 「盧生の夢」という言葉は、人生の無常を悟り、今を大切に生きることを促す意味で使われます。

その他

  • 「盧生の夢」は、日本語独特の表現です。英語では、「a fleeting dream of glory and riches」、「the impermanence of life」、「the evanescence of worldly pleasures」などの表現が近い意味になります。

参考URL:
盧生之夢 | スピーチに役立つ四字熟語辞典 | 情報・知識&オピニオン imidas - イミダス