堰を切る

【漢字】堰を切る
【読み】せきをきる
【意味】溜まっていたものが溢れ出る。
【例文1】受験に合格して、家族みんなが堰を切る。
【例文2】厳しい先生だったけど、卒業式では堰を切るように涙が溢れた。
【例文3】新郎のスピーチに堰を切る。

堰を切るをテーマにした記事

堰を切るとは押さえられていたものがどっとあふれ出る事

堰を切るとは、川の流れが堰を壊してあふれ出る事をいいます。台風の大雨の時などに、堤防が切れて街へ水が押し寄せるように流れ込む状態です。この様子から、押さえられていたものがどっとあふれ出る事を言う言葉になりました。
堰と言う字に関を当てたものは、意味合いから間違いになります。関所を破るのではなく、水が堤防を壊して流れ込むのですから。
この言葉は、多くの場所で使われます。やっと、会えた恋人に涙が堰を切ったように流れ出すなどと、小説には書かれることでしょう。
何かを話していて、相手の人に言いつのられ、全く口を挟む事ができなかった、ほんのちょっとした隙に言葉を挟むことができ、堰を切ったようにしゃべり出す等という場合もあります。また、何があってもじっと我慢をしていた人が、ある事をきっかけに堰を切ったように、心のたけをはきだすかもしれません。まだ何もしゃべれない赤ちゃんは、堰を切ったように泣き叫びます。
このように、堰を切るという言葉は、何かがほとばしるように流れ出すことを言うのです。自分の感情をこのようにはき出せる人は幸せかもしれません。しかし、その後相手の人と同じようにおつきあいできるかは保証の限りではないのです。堰を切るには十分考えてからにしましょう。

」で始まる言葉一覧

千里の馬も伯楽に逢わず  千慮の一失  千里眼  千里の道も一歩から  善は急げ  前門の虎、後門の狼  千変万化  船頭多くして船山に上る  前人未到(踏)  全知全能  前代未聞  栴檀は双(二)葉より芳し  先手必勝  千載一遇  千差万別  前車の轍を踏む  千秋楽  前後不覚  千客万来  背を向ける  世話を焼く  背に腹はかえられない  狭き門  絶体絶命  切歯扼腕  是是非非  切磋琢磨  堰を切る  節を折る  切羽詰まる  世間の口には戸は立てられない  青天の霹靂  急いては事を仕損じる  席の暖まる暇もない  清濁併せ呑む  正正堂堂  赤貧洗うがごとし  清廉潔白  関の山  青天白日  誠心誠意  晴耕雨読  聖人君子  青雲の志  精神一到何事か成らざらん