陸に上がった河童

【漢字】陸に上がった河童
【読み】おかにあがったかっぱ
【意味】河童は水の中では自由に泳ぐことができても陸に上がれば無力である。違う環境になると力が発揮できないこと。
【例文1】彼女は勉強はできるけど、陸に上がった河童で運動は好きではない。
【例文2】高校まで陸上部だった。引退から数年たった今、 走れもしない、陸に上がった河童だ。
【例文3】転勤になって陸に上がった河童だ。

陸に上がった河童をテーマにした記事

陸に上がった河童のテニス奮闘記

中学高校の6年間、私はソフトテニス部でした。来る日も来る日もひたすらラケットを振りまわし、全身日焼けして黒光りする程の青春時代を送りました。
実績としては四国大会出場レベルでしたが、自分の中では目標達成でき、素晴らしいチームメイトと出会ったソフトテニスには楽しい思い出と感謝の念が強くありました。
大学進学後はソフトテニスからも離れてしまっていましたが、やはりテレビや街中でテニスをしている姿を見るとウズウズしてきます。
いつかまた・・・と思っていましたが、主人と一緒に楽しめる趣味を作ろうという話がきっかけとなり硬式テニスを始めることとなりました。
 若かりし頃のイメージだけが頭に残っており、ソフトテニスも硬式テニスもそんなに変わらないだろうと安易に考えていた私。
テニスド初心者である主人はテニスの動画を毎晩チェックし学びを深める姿を横目に、私は呑気にアイスを食べていました。なんなら教えてあげよう!とまで威張っていました。
 そして迎えた初打ちの日。驚く程、打てない、飛ばない、走れないの3拍子。栄光の若かりし頃は15年前だったのだと気付き、何よりも私が思っていたほどソフトテニスと硬式テニスはイコールではありませんでした。まさに陸に上がった河童状態。後日参加したテニスレッスンでは主人と一緒に初心者基礎コースへ参加し、いちから学び直そうと心に決めました。きっと陸に上がった河童も、少々大丈夫だろう!と思って歩き出して、すぐに後悔したのではないだろか。と、そんな様子が自分と重なると同時に、私はもう一度頭のお皿をお水で潤わせることでテニスを楽しんでいく!そんな決意を込めたテニス奮闘記でした。

」で始まる言葉一覧

1989.恩を売る  1974.恩を仇で返す  1959.恩に着る  1944.恩に着せる  1929.音頭を取る  1913.温故知新  1893.尾を引く  1871.折り紙付き  1846.親はなくとも子は育つ  1830.親の光は七光  1814.親の脛をかじる  1761.親方日の丸  1743.重荷を下ろす  1725.思う壺  1707.思うこと言わねば腹膨る  1689.思い立ったが吉日  1668.溺れる者は藁をもつかむ  1647.尾ひれを付ける  1626.お百度を踏む  1605.帯に短し襷に長し  1584.お鉢が回る  1563.十八番  1541.尾羽うち枯らす  1518.鬼も十八、番茶も出花  1495.鬼の目にも涙  1471.鬼の首を取ったよう  1420.鬼の居ぬ間に洗濯  1394.鬼に金棒  1340.鬼が出るか蛇が出るか  1311.同じ釜の飯を食う  1281.同じ穴の狢  1251.音に聞く  1221.男は度胸、女は愛嬌(敬)  1191.男心と秋の空  1161.お茶を濁す  1129.お茶の子さいさい  1097.小田原評定  1064.お高くとまる  1031.押しも押されもしない  1009.親思う心に勝る親心  998.押しが強い  965.教えの庭  931.お先棒を担ぐ  896.驕る平家は久しからず  861.後(遅れ)れを取る  824.臆面もなく  788.おくびにも出さない  751.奥歯に物が挟まる  712.屋上屋を架す  673.傍(岡)目八目  635.お株を奪う  596.陸に上がった河童  557.大目に見る  516.大目玉を食う  475.大見得を切る  435.大風呂敷を広げる  393.大船に乗ったよう  310.大手を振る  267.大きな口をきく  224.大きな顔をする  180.大男総身に知恵が回りかね  136.おうむ返し  92.王手を掛ける  48.負うた子に教えられて浅瀬を渡る  5.老いては子に従え