手が回る

【漢字】手が回る
【読み】てがまわる
【意味】注意が行き届く。または捜査や逮捕が迫る。
【例文1】警察の手が回る前に逃亡する。
【例文2】小さい子どもがいるとは思えないほど手が回る部屋だ。
【例文3】捜査の手が回る。

手が回るをテーマにした記事

「手が回る」ことで治安は守られている

「手が回る」とは「手配りが十分に行き届くようす、犯人逮捕のために手配がなされる」の二つの意味があります。犯人逮捕のための手配書は江戸時代には「人相書き」と呼ばれていました。事件の犯人だけではなく失踪者も人相書きで貼りだしたり、号外のように配ったりしました。「人相覚え」とも呼ばれ名前と顔形が書かれていましたが、今のように似顔絵で書かれたものは珍しく、多くは文字で表現されていました。「髪、白髪多く、耳後ろほくろあり」などその人の特徴を示していました。
だいぶ以前になりますが、青森県の金融会社に借り入れを断られた男が、ポリタンクに入れたガソリンを撒いて火をつけて逃げる事件があり、多数の死傷者が出ました。その時に、犯人が全国で指名手配されたのですが、写真が入手できなかったようで似顔絵でしたが、後日逮捕された犯人が、その似顔絵にそっくりだったので、驚いたことを覚えています。もちろん、被害者の方が特徴を覚えていることが前提ですが、警察には似顔絵を専門に描くプロフェッショナルがおられるらしく、何度も被害者の方とすり合わせをしながら描いていくようです。中には思い出すのもつらいと言われる方もあるかと思いますが、その悲しみや辛さに耐えて捜査協力されていることを忘れてはいけないと思います。逮捕が遅くなれば次の犯罪につながる可能性もあるのですから。

」で始まる言葉一覧

2269.天王山  2206.天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず  2224.天秤に掛ける  2242.天を衝く  2260.鉄面皮  2251.亭主関白  2215.天は自ら助くる者を助く  2233.天変地異  2093.天災は忘れた頃にやってくる  2046.天下太(泰)平  2022.天衣無縫  2070.天狗になる  2142.天真爛漫  2106.天井知らず  2130.天知る地知る我知る人知る  2166.天地神明  2188.天にも昇る心地  2197.天は二物を与えず  2007.手を焼く  2058.伝家の宝刀  2034.天涯孤独  2082.電光石火  2154.天高く馬肥ゆる秋  2177.天に唾する  2118.天上天下唯我独尊  1995.手を結ぶ  1966.手を広げる  1821.手を染める  1920.手を握る  1804.手を拱く  1951.手を引く  1936.手を抜く  1880.手を付ける  1856.手を尽くす  1901.手を取る  1837.手を出す  1981.手を回す  1750.手を下す  1768.手を組む  1786.手を加える  1732.手を切る  1714.手を借りる  1549.出る杭は打たれる  1591.手練手管  1527.出物腫れ物所嫌わず  1570.出る幕がない  1504.手も足も出ない  1696.手を貸す  1675.手を替え品を替え  1480.手前味噌  1404.手の平(掌)を返す  1456.出端(鼻)をくじく  1633.手を入れる  1430.手八丁口八丁  1654.手を打つ  1612.手を上げる  1291.手に手を取る  1377.手の内を見せる  1201.手に落ちる  1231.手に掛ける  1261.手に付かない  1350.手に乗る  1321.手に取るように  1107.手に汗を握る  1139.手に余る  1171.手に負えない  1075.手鍋提げても  1042.手取り足取り  942.徹頭徹尾  976.鉄は熱いうちに打て  908.手玉に取る  801.梃子でも動かない  687.敵は本能寺にあり  726.手ぐすねを引く  851.天下は回り持ち  610.適材適所  837.手塩に掛ける  649.敵に塩を送る  765.手心を加える  873.出たとこ勝負  366.手が届く  489.手が早い  324.手が出ない  571.手が回る  281.手が付けられない  238.手が足りない  449.手が離れる  530.手が塞がる  407.手が離せない  194.手が込む  150.手が掛かる  62.手が上がる  18.手足を伸ばす  106.手が空く