「氏より育ち」とは、家柄や身分よりも、育った環境や教育の方が人間の形成に強い影響を与えるということ。

「氏より育ち」とは、家柄や身分よりも、育った環境や教育の方が人間の形成に強い影響を与えるということ。
読み方: うじよりそだち

意味:

家柄や身分よりも、育った環境や教育の方が人間の形成に強い影響を与えるということ。

例文:

  • あの人は氏より育ちで、立派な人物に成長した。
  • 氏より育ちという言葉通り、彼は良い家庭で育てられたため、礼儀正しくて優しい人だ。
  • 家柄よりも、育った環境の方が大切だということを、氏より育ちという言葉が示している。

類義語:

  • 環境が人を作る
  • 育ちが大事
  • 家庭教育が重要
  • 人は環境によって変わる
  • 性格は環境で形成される

対義語:

  • 生まれつき
  • 血筋
  • 家柄
  • 身分

補足:

  • 「氏より育ち」は、昔からある日本のことわざです。
  • 現代社会でも、依然として重要な意味を持つ言葉です。

関連表現:

  • 家柄
  • 育った環境
  • 教育
  • 人格形成
  • 性格

参考:

  • 氏より育ち - goo国語辞典: [無効な URL を削除しました]
  • 氏より育ち - コトバンク: [無効な URL を削除しました]

例文:

  • あの人は、名家の出身であるにもかかわらず、育ちが悪いため、傲慢で横柄な態度を取る。
  • 氏より育ちという言葉通り、彼は貧しい家庭で育ったため、苦労人だが、努力家で誠実な人だ。
  • 家柄よりも、育った環境の方が大切だということを、歴史上の偉人を見てもわかる。

会話例:

  • A: あの人は、名家の出身なのに、どうしてあんな性格なの?
  • B: 氏より育ちって言うでしょ?育った環境の方が、家柄よりも大切なのよ。
  • A: なるほど。確かに、彼は良い家庭で育ったわけではないからね。

その他:

  • 「氏より育ち」は、家柄や身分にとらわれず、人そのものを見ることの大切さを教えてくれる言葉です。

参考URL:
氏より育ち(うじよりそだち)とは? 意味や使い方 - コトバンク