独活の大木

【漢字】独活の大木
【読み】うどのたいぼく
【意味】うどの茎は大きいが柔らかく材木にも適さない。体ばかり大きくて何の役にも立たない者をいう。
【例文1】引越しの荷物運びをお願いしたが、体の割には力もないし動きも遅いし独活の大木だな。
【例文2】君は図体ばかり大きくて独活の大木だな。
【例文3】体ばかりの独活の大木でがっかりだよ。

独活の大木をテーマにした記事

「独活の大木」ではなかった「かたあしだちょうのエルフ」

「独活の大木」は「独活は茎が長大でも、柔らかくて役に立たないことから、身体ばかり大きくても役に立たない人のたとえ」を言います。、1971年度青少年 読書感想文全国コンクール課題図書に「かたあしだちょうのエルフ」という絵本があります。 作者は小野木学さん。エルフは子どもたちを背中にのせて走ることができるほど、巨大なダチョウ。ある日子どもたちを乗せていた時にライオンに襲われて片足を失います。片足で満足に動けず、餌もとれなくなったエルフ。しばらくは仲間や子どもたちが餌を運んでやっていましたが、次第に忘れ去られやせ細っていきます。ある日、ヒョウに襲われたエルフは子どもたちに背中に乗るように言うと、必死でヒョウと戦い撃退します。子どもたちがお礼を言って降りると、エルフは木になっていたというお話です。ダチョウは黒いので、黒が特徴的な迫力ある絵本です。最期にエルフが木になってしまいますが、それでもエルフはみんなのことを見守り続けるというラストは大人でも心に染み入るものがあります。片足というハンデを負ったことで役に立てないような気持ちで悲しくなっていたエルフで、周りからは「独活の大木」のように見られていた彼でしたが、命を懸けて子どもたちを守り抜くのです。一度読んで欲しい一冊です。

」で始まる言葉一覧

1813.運を天に任せる  1796.雲泥の差  1778.雲散霧消  1760.上前を撥ねる  1742.上の空  1724.噂をすれば影  1706.瓜二つ  1688.瓜の蔓に茄子はならぬ  1667.売り言葉に買い言葉  1646.裏をかく  1625.裏目に出る  1604.恨み骨髄に徹す  1583.紆余曲折  1562.有無を言わせず  1540.海の物とも山の物ともつかない  1517.生(産)みの親より育ての親  1494.海千山千  1470.馬の耳に念仏  1445.馬には乗ってみよ、人には添うてみよ  1419.馬が合う  1393.鵜の目鷹の目  1366.鵜呑みにする  1339.鵜の真似をする烏  1310.鰻登り  1280.鰻の寝床  1250.独活の大木  1220.腕を磨く  1160.腕を買われる  1128.打てば響く  1096.腕に縒りを掛ける  1063.腕に覚えがある  1030.腕が鳴る  997.腕が立つ  964.腕が上がる  930.現を抜かす  895.有頂天になる  860.内弁慶の外地蔵  823.うだつが上がらない  787.嘘も方便  750.嘘八百  672.嘘から出た実(誠)  634.有象無象  624.兎死すれば狐これを悲しむ  595.後ろ指を指される  555.後ろ髪を引かれる  514.氏より育ち  473.牛の歩み  433.牛に引かれて善光寺参り  265.浮足立つ  222.浮かぬ顔  391.雨後の筍(竹の子)  351.烏合の衆  308.有卦に入る  178.魚心あれば水心  134.右往左往  90.上を下へ  46.上には上がある  3.有為転変