虫が好かない

【漢字】虫が好かない
【読み】むしがすかない
【意味】ハッキリした理由はないけど、なんとなく気に入らない人にいう言葉。
【例文1】あの人はどうも虫が好かない。
【例文2】彼女は何でもできるので嫉妬心からか虫が好かない。
【例文3】息子の彼女がどうも虫が好かない。

虫が好かないをテーマにした記事

虫が好かない人にはできるだけ近づかない

「虫が好かない」とは、理由はないけど何となく合わない相手などに使われる言葉です。
私にも虫が好かない相手がいます。
その人は職場の同僚ですが、とても丁寧な話し方で上品な人です。親切な人でもあるので、周りからすごい好かれているわけではないけど、でも嫌われたり悪く言われることはほぼないといえるような人です。
その相手を私はなぜ虫が好かないと思うのかよく考えてみました。
まず、話し方が虫が好かないのです。
丁寧を通り越し、バカ丁寧なので、同僚相手にここまで丁寧にされるとバカにしてるのかと思っています。
更に何をしても言っても相手は常に「ありがとうございます」と言います。
お茶をこぼされてもなぜか「ありがとうございます」と言うのでそれもまた虫が好かないのです。
そして、その人は初対面の人に対しても、異常に褒め称えます。「仕事が良くできるし丁寧だから」と褒めますが、あって5分で何を知っているのだろうと、それもまた虫が好かない。
結果、丁寧さに違和感や嘘臭さを本能的に感じ取って
イラッと虫が好かないと思う気持ちにつながっているのだと思います。
その場合、本能的に感じていることなので本当に相手と合わないので、嫌いな人より虫が好かない人のほうが、実は根深く仲良くなれるケースはかなり低いので、割りきってできるだけ関わりを持たないようにしたほうがいいと思いました。

「虫が好かない」のは体の中の虫のせい?

何かよく分からない原因や理由で感情や心理状態が動かされること「虫が好かない」「虫の知らせ」「虫がいい」「虫の居所が悪い」「腹の虫がおさまらない」と表現します。これは中国の道教の考え方の影響です。道教では「三尸」といって人の体には上尸(じょうし)・中尸(ちゅうし)・下尸(げし)の3匹の虫が棲んでいると考えられておりこの3匹の虫は人の行動を監視し庚申の日になると眠っている人の体を抜け出しその人が犯した罪を天帝に告げ口に行き寿命を短くされると言われていました。人々は庚申の夜は眠らずに精進潔斎して夜を明かしたそうです。この三尸には平安時代に日本に伝わるとそれぞれ3匹の同類がいるとされ合わせて9匹の虫「三尸九虫」が人の体内にいて病気を起こしたり感情や意識をコントロールしていると広く信じられていました。日本でも庚申の夜には人々が集まって飲んだり食べたりして夜を明かしていたそうこの集まりは「庚申待ち」と呼ばれていました。「庚申待ち」は江戸時代に盛んに行われていたようです。虫にまつわる言い回しはこのことが由来となっているそうです。医学や心理学が発達していない時代では感情や意識の変化など自分では抑制できない心の動きを説明するために虫の存在が利用されていたようです。

」で始まる言葉一覧

2543.無病は一生の極楽 1864.向こう見ず 1925.胸算用 1887.武者震い 1907.無尽蔵 1791.無理もない 1773.無理無体 1701.無用の長物 1755.無理難題 1737.無理算段 1719.無理が通れば道理が引っ込む 1412.胸に迫る 1438.胸に手を当てる 1464.胸を打つ 1488.胸を貸す 1683.無味乾燥 1641.無念無想 1599.胸をなで下ろす 1557.胸を突く 1512.胸を借りる 1578.胸をときめかせる 1620.胸を張る 1535.胸を反らす 1662.無病息災 1358.胸に納める 1271.胸が塞がる 1241.胸が膨らむ 1385.胸に刻む 1211.胸が張り裂ける 1330.胸に一物 1301.胸が焼ける 1118.胸がつかえる 1181.胸が詰まる 1150.胸がつぶれる 919.無にする 1020.胸が躍る 987.胸が一杯になる 1053.胸が騒ぐ 953.胸が痛む 812.無駄骨を折る 700.矛盾 739.娘一人に婿八人 623.虫の居所が悪い 661.虫も殺さない 776.無駄足を踏む 884.胸突き八丁 848.無知蒙昧 208.向きになる 461.虫が好かない 421.虫が知らせる 584.虫の息 295.向こうに回す 544.虫唾が走る 252.無芸大食 338.向こうを張る 503.虫が付く 378.虫がいい 164.無我夢中 76.向かう所敵なし 120.昔取った杵柄 32.六日の菖蒲十日の菊