「虫が知らせる」とは、なんとなく良くないことが起こりそうな気がすることを表す慣用句

「虫が知らせる」とは、なんとなく良くないことが起こりそうな気がすることを表す慣用句です。

語源

「虫」は、人間の体内にいて、身体や意識・感情にさまざまな影響を与えると考えられていたことから、「腹の虫が治まらない」、「虫の居所が悪い」などの「虫」が使われています。

意味

現代では、科学的な根拠はなくても、第六感や直感のような形で、なんとなく悪いことが起こりそうな予感がする時に使われます。

使い方

「虫が知らせる」は、以下のような状況で使用されます。

  • 何か良くないことが起こりそうな予感がする時
  • 不安な気持ちになる時
  • 説明できない理由で心配な時

類義語

「虫が知らせる」の類義語には、「なんとなく」、「何となく」、「予感」、「第六感」、「不安」などがあります。

例文

  • なんとなく今日は虫が知らせる。
  • 彼の様子を見て、虫が知らせるものがある。
  • 旅行前に虫が知らせて、不安な気持ちになった。
  • 彼は虫が知らせたのか、早めに帰宅した。
  • 虫が知らせたのか、大事故を回避することができた。

注意点

「虫が知らせる」は、科学的な根拠に基づいていない表現です。

そのため、迷信として捉える人もいることに注意が必要です。

参考URL:
虫が知らせる(むしがしらせる)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書