洋の東西を問わず

【漢字】洋の東西を問わず
【読み】ようのとうざいをとわず
【意味】東洋・西洋区別なく世界共通という意味。
【例文1】この町は外人が多く、洋の東西を問わずの飲食店が繁盛する。
【例文2】母親の愛情は洋の東西を問わずだ。
【例文3】洋の東西を問わず交流を深める。

洋の東西を問わずをテーマにした記事

「洋の東西を問わず」な時代で大切なこと

「洋の東西を問わず」とは東洋か西洋かを問わないということで西洋・東洋の区別なく、世界のどこでもまたは世界共通に問いう意味です。現代はグローバル化されてまさしく「洋の東西を問わず」な時代になってきました。昔は海外旅行に行くのは大変なことでしたが今ではLCCー格安航空会社も増えて誰でも気軽に海外に出かけられるようになりました。近隣のアジアの国だと日帰りで行けるほどの気軽さです。
インターネットやWi-Fi・無料通話アプリの普及で世界のどこにいても日本にいる家族や友人ともいつでも連絡が取れるので海外にいても日本にいるのと同じような感覚で過ごすことができ本当にボーダレスな時代になったと感じます。しかし風習や文化は各国でさまざまに異なります。東洋には東洋の良さがあり西洋には西洋の良いところがたくさんあると思います。「洋の東西を問わず」相手や相手の国の良いところを積極的に取り入れるのはすごく良いことで自分を成長させてくれるはずです。でも日本の伝統や文化・風習を大切にし日本人であることを誇りに思う気持ちもきちんと持っていなくてはなりません。本当の「洋の東西を問わず」とはお互いに相手や相手の国に尊敬の気持ちを持ち認め合うことだと思います。

」で始まる言葉一覧

2555.世は相持ち 1827.夜を日に継ぐ 1843.世を渡る 1810.世をはばかる 1793.夜を徹する 1721.世を挙げて 1775.世を捨てる 1703.弱り目に祟り目 1757.世を忍ぶ 1739.世を去る 1416.世の習い 1601.寄らば大樹の陰 1467.呼び声が高い 1622.縒りを戻す 1685.弱音を吐く 1643.寄ると触ると 1559.夜も日も明けない 1491.呼び水になる 1514.読みが深い 1580.余裕綽綽 1442.世の目も寝ずに 1537.夜目遠目笠の内 1664.夜の帳 1335.世に問う 1276.世に聞こえる 1246.夜鍋をする 1389.余念がない 1216.四つに組む 1362.世に伯楽ありて然る後に千里の馬あり 1306.世に出る 1186.寄ってたかって 1155.予断を許さない 1091.よだれを垂らす 1025.葦の髄から天井をのぞく 1058.余勢を駆る 992.横を向く 924.横道にそれる 958.横槍を入れる 817.横紙破り 744.よく学びよく遊べ 705.欲の皮が突っ張る 628.欲と二人連れ 666.欲に目が眩む 781.欲も得もない 854.横車を押す 213.要求を飲む 343.羊頭狗肉 466.要領を得ない 426.要領がいい 589.良き分別は老人に問え 300.夜討ち朝駆け 549.良かれ悪しかれ 256.容姿端麗 508.用を足す 383.洋の東西を問わず 169.用が足りる 125.用意周到 37.善い事は真似でもせよ 81.宵っ張りの朝寝坊 1123.与太を飛ばす