馬鹿とはさみは使いよう

【漢字】馬鹿とはさみは使いよう
【読み】ばかとはさみはつかいよう
【意味】切れの悪いハサミは研げば使えるように愚かな者でも使い方次第では役に立つ。
【例文1】重いの荷物運びの時は、馬鹿とはさみは使いようで巨漢の彼を使う。
【例文2】馬鹿とはさみは使いようで褒めて伸ばす。
【例文3】人手が足りない時は馬鹿とはさみは使いようで扱う。

馬鹿とはさみは使いようをテーマにした記事

馬鹿とはさみは使いようの言葉の意味

馬鹿とはさみは使いようと言う言葉ですが、使われている人が馬鹿であると言う馬鹿にした意味合いの言葉では無く、その人を使う側の人の責任能力を問う言葉です。使われる側の人が持っている能力を最大限引き出し、うまく使う事で、使われる側の人の能力を最大限に引き出せると言う事を、使う側の人に対して言っているのです。その昔のはさみは現代の様に、製造技術が進んでいなかった為、すぐに切れなくなったり、何度も研ぎ直す事が必要でした。しかし、使う側の人の使い方次第では、切れ味も変わったり、他の使い道が有ったりしました。この事から使う側の人の力量で有ったり、能力を指摘する言葉として使用されております。良く使われる場面としては、「馬鹿とはさみは使いようで、今までは何をやっていたか判らないが、今度の職場では彼も大変生き生きと仕事を頑張っている」等、会社で部下を持つ上司が、もっと上位の上司や役員から、部下の使い方や指導の一環として、この言葉を使われたりします。同じ様な意味合いを持つ言葉としては、「阿呆とはさみは使いようで切れる」や「鋏と嫁は使いよう」「奉公人と牡牛は使いようで動く」等があり、いずれの言葉も使う側の人に対する、責任を問う言葉となっております。

」で始まる言葉一覧

2554肺腑を衝く 2318半畳を入れる 2270針の穴から天をのぞく 2261張り子の虎 2286歯を食い縛る 2207腹を抱える 2310半死半生 2358話半分 2302万事休す 2333パンドラの箱 2225腹を決める 2243腹を割る 2252波瀾(乱)万丈 2366鼻つまみ 2350畑違い 2342裸一貫 2216腹を固める 2278針のむしろ 2234腹を探る 2294反旗を翻す 2326半信半疑 2094腹が立つ 2047波紋を投げる 2023幅を利かせる 2143腹の皮がよじれる 2107腹が減っては戦ができぬ 2167腹八分に医者いらず 2198腸が煮えくり返る 2131腹に据えかねる 2009歯の根が合わない 2059早起きは三文の徳 2071腹が黒い 2035羽目を外す 2083腹が据わる 2155腹の虫が治まらない 2178腹も身の内 2119腹に一物 1997歯の抜けたよう 1968歯に衣着せぬ 1823鼻の下が長い 1806鼻に付く 1922鼻を明かす 1953花を持たせる 1938鼻を突く< 1883花も実もある 1860鼻持ちならない 1839花道を飾る 1904花より団子 1983羽を伸ばす 1752鼻で笑う 1770花に嵐 1788鼻に掛ける 1734鼻であしらう 1716鼻っ柱をへし折る 1433八方塞がり 1530鼻息をうかがう 1483鳩が豆鉄砲を食ったよう 1507鼻息が荒い 1698鼻っ柱が強い 1594話上手は聞き上手 1678話を付ける 1552鼻が高い 1407八方美人 1459破天荒 1573話が弾む 1636話に花が咲く 1657話の腰を折る 1615話にならない 1353這っても黒豆 1295八面六臂 1380発破をかける 1205バスに乗り遅れる 1235破竹の勢い 1265蜂の巣をつついたよう 1325ばつが悪い 1112馬耳東風 1144箸にも棒にも掛からない 1175恥の上塗り 913白髪三千丈 1014博覧強記 1080化けの皮がはがれる 981薄氷を踏む 1047薄利多売 947白眉 693白紙に戻す 732白砂青松 654白眼視 616箔が付く 770拍車を掛ける 878伯仲 842拍手喝采 201はかが行く 245場数を踏む 577馬脚を露す 288歯が立たない 537掃き溜めに鶴 331馬鹿とはさみは使いよう 496歯ぎしりをする 371馬鹿に付ける薬はない 414馬鹿の一つ覚え 157歯が浮く 69背水の陣 25敗軍の将は兵を語らず 113這えば立て、立てば歩めの親心