生き馬の目を抜く

【漢字】生き馬の目を抜く
【読み】いきうまのめをぬく
【意味】生きている馬の目を抜くほど素早いとう比喩から、他人を押しのけて利益を得る。行動が早い。
【例文1】生き馬の目を抜く勢いで事業を始めてもうまくはいかないだろう。
【例文2】生き馬の目を抜いて事業に失敗した。
【例文3】バーゲンセールは生き馬の目を抜いての争奪戦。

生き馬の目を抜くをテーマにした記事

「生き馬の目を抜く」は罰や拷問ではない

「生き馬の目を抜く」という言葉を聞くと、とても重く苦しい痛い罰を与えるという意味だと思っていました。高校の部活時代にバスケ部顧問の先生に「遅い、もっと生き馬の目を抜くようにやってみろ」と言われたときには、私は(相手に怪我をさせるぐらいの気持ちで頑張れば良いのか)という勘違いを続けていて、大学受験時に勉強するまでずっとその勘違いに気づくことはありませんでした。今思うとその勘違いを言葉に出さなくて本当に良かったです。
「生き馬の目を抜く」という言葉の本当の意味は「生きた馬の目ですら抜き取ってしまう」ほど素早い、油断も隙もない、他人を出し抜いて利益を得るです。あのときの顧問の先生は「もっと素早く行け。」という意味でこの言葉を使っていたんだな、ということを理解して一人恥ずかしい思いをしていた高校3年生の冬の夜。今でも時々思い出しては言葉の意味はしっかり確認しようと心に誓っています。

生き馬の目を抜く江戸の町

「生き馬の目を抜く」とは生きた馬の目を抜き取るほど素早く物事を行うことやすばしっこく他人を出し抜き利益を得ること、抜け目がなく油断も隙もないことの例えです。故事などから生じたものではなく生きた馬の目を抜き取ってしまうほど素早い様子を例えた表現です。馬の目に例えられたのは類似句に「生き牛の目を抜く」がありますが、馬の方が人間との関わりがより深い動物だったからと考えられています。馬の方が牛より足が速く目を抜くことが困難であることから「生き牛の目を抜く」より「生き馬の目を抜く」が広く一般に使われることに使われるようになったそうです。同様の句には「生き馬の目を抉る」や「生き牛の目を抉る」があります。「抉る」とはえぐり出すと言う意味です。油断ならないことの類似句には「尻毛を抜く」があります。英語では「Water sieeps, the enemy wakes.」と表現し、日本語訳は水は眠っても敵は眠らずで油断も隙もない問いう意味です。昔のんびりした田舎から江戸のに出てきたら江戸には田舎では考えられないほどの早業の人がいてその素早さが生き馬の目を抜いてしまうようだったので江戸の町は「生き馬の目を抜く江戸の町」と言われるようになったそうです。

.」で始まる言葉一覧

2538.引導を渡す 2537.慇懃無礼 2536.因果を含める 2535.因果応報 2534.異を唱える 2533.意を決する 2531.言わぬが花 2529.鰯の頭も信心から 2527.色をなす 2525.色を付ける 2523.色を失う 2521.嫌気が差す 2518.否が応でも 2515.いやが上にも 2511.芋の煮えたもご存じない 2507.芋の子を洗うよう 2503.芋づる式 2499.意味深長 2495.今泣いた烏がもう笑う 2491.威風堂々 2487.意表を突く 2483.茨の道 2479.井の中の蛙大海を知らず 2475.命の洗濯 2471.命あっての物種 2467.犬も食わない 2462.犬も歩けば棒に当たる 2457.犬の遠吠え 2447.意に介さない 2442.糸を引く 2437.居ても立っても居られない 2432.一服盛る 2427.一敗地に塗れる 2421.一杯食わされる 2415.一得一失 2409.一刀両断 2403.一頭地を抜く 2397.一長一短 2391.一朝一夕 2384.一知半解 2377.一線を画す 2370.一石を投じる 2362.一石二鳥 2354.一世を風靡する 2346.一世一代 2337.一寸の虫にも五分の魂 2330.一寸の光陰軽んずべからず 2322.一寸先は闇 2314.一炊の夢 2306.一心不乱 2298.一心同体 2290.一進一退 2282.一矢報いる 2274.一触即発 2265.一笑に付す 2256.一将功なりて万骨枯る 2247.一生懸命 2238.一瀉千里 2229.一糸乱れず 2220.一切合切(財) 2211.一刻を争う 2202.一国一城の主 2193.一挙両得 2183.一挙手一投足 2171.一挙一動 2160.一騎当千 2148.一気呵成 2136.一喜一憂 2124.一巻の終わり 2112.一家を成す 2099.一攫千金 2088.一を聞いて十を知る 2076.一蓮托(託)生 2064.一利一害 2052.一翼を担う 2040.一陽来復 2028.一葉落ちて天下の秋を知る 2014.一も二もなく 2001.一目瞭然 1988.一目置く 1973.一網打尽 1958.一望千里 1943.一富士二鷹三茄子 1928.一部始終 1912.一病息災 1892.一姫二太郎 1870.一念発起 1845.一年の計は元旦にあり 1829.一難去ってまた一難 1812.一日の長 1795.一日千秋 1777.一事が万事 1759.一言半句 1741.一期一会 1723.一言居士 1705.一から十まで 1687.一か八か 1666.一衣帯水 1645.一意専心 1624.至れり尽くせり 1603.板挟みになる 1582.板に付く 1561.鼬ごっこ 1539.痛し痒し 1493.痛くも痒くもない 1469.痛い目にあう 1444.急がば回れ 1418.いずれ菖蒲か杜若 1392.以心伝心 1365.意地を張る 1338.衣食足りて礼節を知る 1309.医者の不養生 1279.石橋を叩いて渡る 1249.石の上にも三年 1219.石に漱ぎ流れに枕す 1189.石にかじりついても 1159.石が流れて木の葉が沈む 1127.いざ鎌倉 1095.異口同音 1062.息を吹き返す 1029.息を引き取る 996.息を弾ませる 963.息を呑む 929.息を抜く 894.息をつく 859.威儀を正す 822.息を殺す 786.息を凝らす 749.意気揚々 710.息の根を止める 671.意気投合 633.意気消沈 594.意気軒高 554.息が長い 513.息が詰まる 472.息が絶える 432.行きがけの駄賃 390.息が切れる 350.息がかかる 307.息が合う 301.色の白いは七難隠す 264.生き馬の目を抜く 221.行き当たりばったり 177.怒り心頭に発する 133.いかもの食い 89.言うは易く行うは難し 45.言うに事欠いて 2.唯々諾々