冠婚葬祭

【漢字】冠婚葬祭
【読み】かんこんそうさい
【意味】祝事・結婚・葬儀・祭りのもっとも重要な四つの儀式。
【例文1】我が家はオメデタイ冠婚葬祭続きで幸せだ。
【例文2】社会人になると冠婚葬祭が続く。

冠婚葬祭をテーマにした記事

社会人になると冠婚葬祭の機会が増えてきます

社会人になると急に冠婚葬祭を行う機会が増えていきます。近所付き合いだけならたまにお葬式がある程度かもしれませんが、会社に勤めていると上司の親が亡くなったり、先輩の結婚式があったりと月に何度も冠婚葬祭が重なることがあります。結婚式の場合は祝儀を出さなくてはならないですし、お葬式のときは香典を出さないといけないので、月に何度もあるとそれだけで数万円かかってしまうこともあります。また上司の親の実家で葬式があるときは、飛行機や新幹線などで遠出しないといけないこともあるので、冠婚葬祭はとにかく大変なものです。しかし自分の番になることもいずれはあるので、大切にしていかないといけないと思います。自分が将来結婚式を挙げるときに冠婚葬祭で会社の人達が来てくれると嬉しいものです。また親が亡くなったときにお通夜に来てくれる同僚や先輩方が慰めてくれたりすると、とても心強く感じます。小規模な会社だと冠婚葬祭の機会はそれほど多くはないですが、大きな会社や下請け企業となると付き合いの幅が広がってくるので、冠婚葬祭の回数がだいぶ増えてきます。新人の頃は大変な思いをするかもしれないですが、冠婚葬祭に慣れてしまうと仕事から抜けられるので、その方が楽だという人も中にはいます。いずれにしても社会人になったとき誰しも経験することなので、冠婚葬祭用のスーツと費用は別に用意しておいて、いつでも行ける体制にしておいた方が慌てなくて済みます。

はっきり知らなかった「冠婚葬祭」の意味

日本語ネイティブレベルの外国人夫に良く言われる言葉「やっぱり日本語は難しい」。特に外国人にとっては漢字は得体のしれない難しい物のようですが、それを使った故事や四字熟語になると、頭を抱えるレベルなようです。結婚した当時に夫に聞かれた「冠婚葬祭」の意味。親戚に不幸があった時に、夫と一緒に喪服を買いに行ったのですが、その時に私もですが、お店の人からも何度も言われたのが「冠婚葬祭」というフレーズだったのです。私の説明は、結婚式とかお葬式の事、以上。という感じでしたが、その時にふと思ったのが「冠」って何?という疑問でした。疑問が出るとすぐに調べるタイプなので、早速ネットで検索して初めて知ったのが、冠とは成人式の事だという事実。成人して社会的な役職や参政権を得るというのが冠を戴くという意味合いだとは知りませんでした。また、中国でも韓国でも冠婚葬祭という熟語を使うという事も知りました。ちなみに夫の母国では、成人式はなく、結婚式、葬式、祭りとなると全く着る服も違うので、冠婚葬祭用のスーツ、とう観念は全くありません。その時に買った喪服は幸い一度きりでまだ出番がないのですが、夫に言わせるとお葬式の為だけに高い、それも真っ黒な服を買うのはナンセンスなんだとか。まあ郷に入れば郷に従って貰っています。

黒いキチッと服は、冠婚葬祭にもってこいだと思います。

20代になってから、友人の結婚式に多数およばれしました。まだうら若きころは、ゲストである自分もピンクや、黄色など、明るいドレスを身にまとって、華やかにして参列するのが好きでしたし、若いのでそれが似合っていたと思います(自分にとっての出会いの場でもありましたから気合いも入ってました)。
20代後半になると、今度は親戚や仕事関係の方が亡くなったり、法事に参加することが増えました。最初のうちは、手持ちの黒のパンツスーツで対応していましたが、社会人としてブラックフォーマルも必要かな?と、わざわざ5万円もする喪服を購入しました。
それでも、結婚したころまではそんなに件数がなかったので気になりませんでしたが。。
結婚出産し、太ってしまい、以前の喪服が入らなくなりました。なので、急遽別の喪服を、これまた5万円位で買いましたが、さらに悲しいことに、子どもが小さいため、抱っこをせがんだり、食べ物をつけたり、あげく鼻水をつけられました。
実はクリーニングがもったいないので、何とか出さずにやり過ごしてきたのに、汚れたので諦めて出しました。そこでさらに衝撃が走りました。
戻ってきたクリーニング、「鼻水のあとが、とれなかった」と言うんです。確かに、なんとなく光っている部分が残っており、しょうがなく自宅で水つけて拭いてみたけどとれません。
高かったのにとがっかりしましたが、義父がなくなったばかりだったので、このあと法事が続くであろうことはもう目に見えています。
私は、この際だから冠婚葬祭なんでも使えるように、もう少し値段が安くて着回せる、洗濯できるものを買い直そうと考え、おりしも、いわゆるファストファッションでぴったりのものを見つけ、上下で購入しました。
体型に対してもほどよい余裕があり、またなんと言っても手洗い可能です。今の所法事にだけ着ましたが、今後もし結婚式に呼ばれた場合は小物などをがらっと変えて、華やかにして参加できそうで、得した気分になりました。

」で始まる言葉一覧

2508.完膚なきまでに  2504.看板に偽りなし  2519.間一髪  2516.閑話休題  2512.完璧  2428.眼光紙背に徹す  2422.感慨無量  2448.顔色なし  2468.邯鄲の夢  2488.癇に障る  2443.冠婚葬祭  2463.肝胆相照らす  2484.艱難汝を玉にす  2410.かわいさ余って憎さ百倍  2404.かわいい子には旅をさせよ  2480.艱難辛苦  2476.噛んで含める  2472.眼中にない  2416.我を張る  2438.閑古鳥が鳴く  2433.換骨奪胎  2458.完全無欠  2500.看板倒れ  2453.勧善懲悪  2496.間髪を入れず  2492.堪忍袋の緒が切れる  2315.亀の甲より年の功(劫)  2266.兜を脱ぐ  2398.彼を知り己を知れば百戦あやうからず  2392.枯れ木の山の賑わい  2283.壁に耳あり障子に目あり  2203.金に目がくらむ  2307.神も仏もない  2355.烏の行水  2340.可もなく不可もなし  2338.蚊帳の外  2248.株が上がる  2378.画竜点睛を欠く  2371.借りてきた猫  2257.禍福は糾える縄の如し  2385.枯れ木に花  2363.体を張る  2347.痒い所に手が届く  2212.金の切れ目が縁の切れ目  2239.金持ち喧嘩せず  2275.株を守りて兎を待つ  2299.鎌を掛ける  2291.果報は寝て待て  2323.鴨が葱を背負ってくる  2029.買って出る  2041.河童の川流れ  2149.鼎の軽重を問う  2101.瓜田に履を納れず  2125.角が取れる  2184.金が物を言う  2161.蟹の横ばい  2194.金に糸目を付けない  2137.門松は冥土の旅の一里塚  2002.勝手が違う  2077.我田引水  2053.活を入れる  2089.合点がいかない  2172.蟹は甲羅に似せて穴を掘る  2113.角が立つ  2015.勝って兜の緒を締めよ  1975.花鳥風月  1945.肩を持つ  1847.肩を怒らす  1914.方(片)を付ける  1894.肩を落とす  1930.肩を並べる  1960.火中の栗を拾う  1872.肩を入れる  1990.合従連衡  1815.肩身が狭い  1831.語るに落ちる  1744.肩の荷が下りる  1798.片棒を担ぐ  1780.肩肘張る  1726.型にはまる  1708.刀折れ矢尽きる  1762.片腹痛い  1447.佳人薄命  1585.風邪は万病の因  1606.風を切る  1542.風の便り  1627.方(片)が付く  1690.肩で息をする  1564.風の吹き回し  1648.肩透かしを食う  1496.風が吹けば桶屋が儲かる  1519.稼ぎに追いつく貧乏なし  1472.苛政は虎よりも猛し  1669.固唾を呑む  1421.臥薪嘗胆  1367.火事あとの釘拾い  1395.舵を取る  1222.影を潜める  1312.風上にも置けない  1252.籠の鳥  1282.風穴を開ける  1368.笠に着る  1341.嵩に懸かる  1130.影が薄い  1162.陰になり日向になり  1192.影も形もない  1098.学問に王道なし  999.書き入れ時  1065.隔世の感  1032.蝸牛角上の争い  966.我が強い  932.顔をつなぐ  720.駆け馬に鞭  825.顔を貸す  752.顔向けできない  674.顔から火が出る  713.顔に泥を塗る  636.顔が広い  897.顔を出す  862.顔を曇らせる  789.顔を売る  225.快刀乱麻を断つ  268.隗より始めよ  597.顔がつぶれる  311.蛙の子は蛙  558.顔が立つ  436.顔が売れる  476.顔が利く  517.顔が揃う  353.蛙の面に水  394.顔色をうかがう  181.灰燼に帰す  137.外柔内剛  6.飼い犬に手を噛まれる  49.開口一番  2230.金は天下の回りもの