沈思黙考

【漢字】沈思黙考
【読み】ちんしもっこ
【意味】黙って考え込む。
【例文1】沈思黙考すること1時間。ようやく答えを出した。
【例文2】小説のネタを沈思黙考する。
【例文3】書斎にこもり沈思黙考する。

沈思黙考をテーマにした記事

沈思黙考してから発言をすべきです

生物の中で人だけが持っている言葉と言うのは、自分の意思を正しく相手に伝える事が出来るので、とても便利であると言えます。
ですが言葉と言うのは、自分が発した意味とは違う捉え方を、聞き手側がしてしまう事があります。
それによって、トラブルになってしまうことがよくある物です。
ですから安易に言葉を発するのではなく、沈思黙考してから言葉を発するようにすることが大事です。
この言葉をもっとも突き付けてあげたいのが、昨今の政治家たちと言えます。
今の政治家たちはとにかく口が軽く、聞き手側の事をよく考えもせずに、簡単に発言をしてしまいます。
そんな発言が問題となり、マスコミで大きく取り上げられるようになり。終には辞任へと追い込まれている政治家がたくさんいるのです。
政治家と言うのはどこにいようと公人であり、発言には注意を払わなければいけません。
たとえプライベートで居酒屋で友人たちとおしゃべりをしていたとしても、それを誰かが聞いて公にしないとも限りませんから、プライベートと言えども気を抜くような事をしてはいけません。
政治家は沈思黙考した言葉だけを発するようにしなければ、失言を失くす事は出来ないのです。
新しく就任した大臣たちには、この沈思黙考と言う言葉をプレゼントしたいです。

」で始まる言葉一覧

2189.腸がちぎれる  2072.長者の万灯より貧者の一灯  1879.茶番  1855.知音  1403.血沸き肉躍る  1455.沈黙は金、雄弁は銀  1429.沈思黙考  1376.塵も積もれば山となる  1230.提灯を持つ  1320.直情径行  1260.蝶よ花よ  1290.朝令暮改  1349.猪突猛進  1106.帳尻を合わせる  1138.長蛇の列  1170.丁丁(打打)発止  1200.提灯に釣り鐘  1073.長所は短所  1040.朝三暮四  1007.昼夜兼行  974.注文を付ける  906.茶々を入れる  940.忠言耳に逆らう  799.血眼になる  685.地の利を得る  724.血は水よりも濃い  608.血の気が多い  835.血道を上げる  647.血のにじむよう  763.血祭りに上げる  364.父の恩は山よりも高く、母の恩は海よりも深し  487.地に落ちる  279.力を落とす  322.竹馬の友  236.力に余る  569.血の気が失せる  447.血となり肉となる  528.血の雨を降らす  405.血で血を洗う  192.血が上る  60.知恵を付ける  148.血が騒ぐ  16.知恵を絞る  104.血が通う