沈思黙考

【漢字】沈思黙考
【読み】ちんしもっこ
【意味】黙って考え込む。
【例文1】沈思黙考すること1時間。ようやく答えを出した。
【例文2】小説のネタを沈思黙考する。
【例文3】書斎にこもり沈思黙考する。

沈思黙考をテーマにした記事

沈思黙考してから発言をすべきです

生物の中で人だけが持っている言葉と言うのは、自分の意思を正しく相手に伝える事が出来るので、とても便利であると言えます。
ですが言葉と言うのは、自分が発した意味とは違う捉え方を、聞き手側がしてしまう事があります。
それによって、トラブルになってしまうことがよくある物です。
ですから安易に言葉を発するのではなく、沈思黙考してから言葉を発するようにすることが大事です。
この言葉をもっとも突き付けてあげたいのが、昨今の政治家たちと言えます。
今の政治家たちはとにかく口が軽く、聞き手側の事をよく考えもせずに、簡単に発言をしてしまいます。
そんな発言が問題となり、マスコミで大きく取り上げられるようになり。終には辞任へと追い込まれている政治家がたくさんいるのです。
政治家と言うのはどこにいようと公人であり、発言には注意を払わなければいけません。
たとえプライベートで居酒屋で友人たちとおしゃべりをしていたとしても、それを誰かが聞いて公にしないとも限りませんから、プライベートと言えども気を抜くような事をしてはいけません。
政治家は沈思黙考した言葉だけを発するようにしなければ、失言を失くす事は出来ないのです。
新しく就任した大臣たちには、この沈思黙考と言う言葉をプレゼントしたいです。