「手を結ぶ」は、人と人とが協力関係を築くという意味で使用される慣用句

「手を結ぶ」は、人と人とが協力関係を築くという意味で使用される慣用句です。

  1. 両手の指と指を組み合わせる
  • 握手をする
  • 祈りを捧げる
  • 何かを誓う

例文

  • 二人は、友情を誓って手を結んだ。
  • 彼は、神に祈りを捧げるために手を組んだ。
  • 子供たちは、運動会で手を繋いで入場行進をした。
  1. 人と人とが協力関係を築く
  • 共同で事業を行う
  • 目的を達成するために協力する
  • 同盟を結ぶ

例文

  • 両国は、戦争を避けるために手を結んだ。
  • 企業と大学が、共同研究プロジェクトを立ち上げるために手を結んだ。
  • 市民団体が、環境問題解決のために手を結んだ。

その他

  • 「手を結ぶ」は、比較的古い言葉ですが、現在でもよく使われています。
  • 何かを誓ったり、協力関係を築いたりする様子を、簡潔かつ力強く表現できる言葉として、多くの人に好まれています。
  • 状況に応じて、どちらの意味で使われているのかを判断する必要があります。

参考URL:
手を結ぶ(てをむすぶ)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書