将棋倒し

【漢字】将棋倒し
【読み】しょうぎだおし
【意味】大勢の人が押し合って倒れる。
【例文1】出待ちのファンが将棋倒し状態になる。
【例文2】バーゲンセールで将棋倒しになる。
【例文3】火災発生で非常口が将棋倒しになる。

将棋倒しをテーマにした記事

将棋倒しに巻き込まれると死につながることがある

将棋倒しは混雑した人混みの中で起きやすいですが、エスカレーターに乗っていても将棋倒しに巻き込まれることがあります。ニュースでもやっていた事故ですが、比較的空いているエスカレーターで車椅子ごと載せた老人夫婦がいました。高低差5メートルのエスカレーターだったので、それほど長い距離だったわけではなかったのですが、車椅子が上から落ちてきて下にいたお婆さんが将棋倒しのように押されてしまい、全身を強く打って数時間後に亡くなってしまいました。車椅子に乗っていた主婦もあばら骨を折る重傷でした。この事故の場合は車椅子でしたが、小さいお子さんと一緒にベビーカーを乗せているマナーの悪い主婦もたまに見かけます。手を離したら後ろに落ちてくるわけですから、人が乗っていたらつられて将棋倒しになる危険があります。エスカレーターに乗るときは、前に車椅子やベビーカーを乗せている人がいないか見てから乗った方が良さそうです。他にも日常的に起こりえる将棋倒しとして、通勤電車やバスが混雑しているときに運転士が急ブレーキをかけることで、一度に将棋倒しとなり場合によっては圧迫されて心肺停止になるので怖いです。吊り革につかまっていても人の波が押し寄せてくると手を離してしまい、それにつられて隣の人を押してしまいますから、次々将棋倒しとなっていきます。将棋倒しの経験をしていないとわかりませんが、一度そうした経験をしてしまうと大勢の人が倒れてくる怖さを思い知らされます。

 

事故による将棋倒しは悲惨です

将棋倒しとは将棋の駒の遊びとしてあります。
将棋の駒に親しむ意味では、昔からある遊びですが、一方で将棋倒しという言葉が事故の意味で使われることがあります。
例えば、イベントでたくさんの聴衆が集まっている場合、1人か、数人によって不意にバランスを崩し、倒れたことによって、周辺の人たちが連鎖的に転倒する事故がありますが、この連鎖的に人が倒れてしまう様子が将棋の駒を使う「将棋倒し」に類似していることから、事故の様子を将棋倒しという表現を使うことがあります。
連鎖的な発生により、多くの人が死傷をしてしまう状況は大変悲惨なものがあります。
このような将棋倒しの事故は、警備が疎かになっている場合に発生します。
人が会場に押し寄せる際には、人の流れを把握し、流れを抑止するといった対策を施しながら、スムーズな運営をしていかねばなりません。
よく事故が起こるとされているのは、花火大会や、コンサート会場、または緊急避難時に出口に人が押し寄せる場合など、人が局所的に集中する際に発生します。
日常生活においても、駅のホームから出口に向かう際に、エスカレーターや階段に人が押し寄せる場合がありますが、このような場合でも、将棋倒しによって沢山の方々が怪我をする場合もありますので、注意しましょう。

」で始まる言葉一覧

2530.弱冠 2528.雌伏 2526.地獄耳 2524.試金石 2522.森羅万象 2510.心頭を滅却すれば火もまた涼し 2506.新陳代謝 2502.死んだ子の年を数える 2520.辛抱する木に金がなる 2517.深謀遠慮 2514.真に迫る 2532.修羅場 2430.尻を叩く 2424.思慮分別 2450.白黒をつける 2470.人後に落ちない 2490.新進気鋭 2445.四六時中 2465.人口に膾炙する 2486.人事を尽くして天命を待つ 2482.針小棒大 2406.尻に火が付く 2478.信賞必罰 2474.神出鬼没 2418.尻目に掛ける 2440.白い目で見る 2412.支離滅裂 2435.尻を拭う 2460.心血を注ぐ 2455.心機一転 2498.心臓が強い 2494.人跡未踏 2317.助長 2268.枝葉末節 2400.尻切れとんぼ 2394.尻が長い 2285.諸行無常 2205.将棋倒し 2309.初心忘るべからず 2357.白を切る 2301.触手を伸ばす 2332.知らぬ顔の半兵衛 2223.正直者が馬鹿を見る 2250.少年老い易く学成り難し 2241.上手の手から水が漏れる 2380.尻が重い 2373.私利私欲 2259.小の虫を殺して大の虫を助ける 2387.尻が軽い 2349.白羽の矢が立つ 2341.知らぬが仏 2214.正直の頭に神宿2277.将を射んと欲すればまず馬を射よ 2232.正真正銘 2293.食指が動く 2325.白河(川)夜船 2091.守株 2044.柔よく剛を制す 2068.主客転倒 2104.出藍の誉れ 2128.首尾一貫 2164.春宵一刻値千金 2187.順風満帆 2196.春眠暁を覚えず 2140.春夏秋冬 2005.十年一昔 2080.取捨選択 2056.雌雄を決する 2032.愁眉を開く 2152.春秋に富む 2175.春風駘蕩 2116.朱に交われば赤くなる 2018.重箱の隅をつつく 1993.十年一日 1979.十人十色 1964.秋霜烈日 1949.周章狼狽 1918.自由自在 1899.終始一貫 1802.癪に障る 1934.終止符を打つ 1877.縦横無尽 1826.知らぬは亭主ばかりなり 1819.車軸を流す 1853.蛇の道は蛇 1835.しゃちほこ張る 1748.杓子定規 1730.釈迦に説法 1766.杓子は耳かきにならず 1784.弱肉強食 1712.四面楚歌 1589.自腹を切る 1547.死人に口なし 1610.しびれを切らす 1524.尻尾をつかむ 1568.しのぎを削る 1501.尻尾を出す 1694.始末に負えない 1673.四方八方 1477.失敗は成功の基 1452.叱咤激励 1631.私腹を肥やす 1426.十指に余る 1652.自暴自棄 1400.質実剛健 1373.四通八達 1227.地団駄を踏む 1317.七転八倒 1257.四知 1287.七転八起 1346.七歩の才 103.下にも置かない 1167.舌を出す 1197.舌を巻く 1070.舌鼓を打つ 1037.舌足らず 1004.親しき仲にも礼儀あり 971.舌先三寸 902.時代錯誤 937.舌が回る 795.沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり 758.地震雷火事親父 680.獅子の子落とし 719.獅子奮迅 888.地獄の一丁目 603.事実は小説よりも奇なり 867.児孫のために美田を買わず 831.自責の念 642.事実無根 317.自給自足 482.地獄で仏に会ったよう 274.敷居が高い 231.鹿を追う者は山を見ず 564.獅子身中の虫 442.自業自得 359.四苦八苦 523.地獄の沙汰も金次第 400.試行錯誤 187.歯牙にも掛けない 55.思案に余る 143.自画自賛 11.人間万事塞翁が馬 99.思案に暮れる 93.外交辞令