大目に見る

【漢字】大目に見る
【読み】おおめにみる
【意味】人の失態を責めず、寛大に受け止める。
【例文1】今回だけは大目に見よう。
【例文2】今日の事は大目に見るが、次はない。
【例文3】多少の失敗は多めに見る。

大目に見るをテーマにした記事

大目に見るとは、大きな目で見ることではない

失敗や欠点を許すことを大目に見るといいますが、そのような状況で大きな目をしていたらかなり不自然です。
口では許すと言いつつ目を見開いて絶対に許さんという意思を示されたら恐怖以外の何ものでもありません。
どうにも納得いかないのですが、考えてみても見当がつかないので調べてみました。
どうやら目は目でも網の目の大きさのことで、それならば小さな瑣末な物は網やザルからすり抜けるので納得いきます。
逆の意味の言葉で天網恢恢疎にして漏らさずという言葉がありますが、現行の法律はザル扱いされることが結構あります。
しかも厄介なことに、組織的な悪事を働く者が抜け道を熟知してすり抜ける場合もあるですから困りものです。
それこそ大きく目を見開いて、卑劣な犯罪者が法の網目を抜けることの無いようにしっかりと見張る必要があります。
全部を通さないと社会が成り立たないので小事については町内や個人などで戒めることも必要なことなのでしょう。
自己申告で大目に見てくれと言い出す人がいますが、そのような我侭を許していては際限なく大目に見ることになりかねません。
ある程度の寛容さは持ち合わせても、一線を越えるような行いに対しては厳格な態度をとれるだけの心構えが必要です。

「大目に見る」という経験

「大目に見る」という言葉はよく聞く言葉だと思います。私も過去に「大目に見る」という経験をたくさんしました。例を挙げると、職場で新しく入ってきた社員の仕事ぶりについてです。その方は新卒2年目で、前職でも社会人の基本を教えてくれないような環境だったらしく、ビジネスで使う言葉遣いや電話での対応が全くできていませんでした。例えば、上司の事を指す時に「あの方」等ではなく「あの人」と言ったり、入社間もない仕事中に「眠いですね」とあくびをしたり、電話を出る時の第一声が「もしもし」であったりしました。初めはこんな基本的な事から注意したり教えなければならないの?と呆れました。さらには教えても返事が「はぁ」とか「あぁ、、」等の分かっているのか分かっていないのか判断できないものでした。教える側の私のやる気が失われそうになりましたが、いわゆるゆとり世代であり、新卒2年目で社会を知らない人に対して、社会経験のある自分たち世代と同じ事を求めても仕方がない!と割り切り、今きちんと教えてあげないと次の世代の人たちにも悪影響を及ぼし兼ねない、と考え、基本中の基本から教えることにしました。ひとつひとつ丁寧に怒らず教えました。この経験を「大目に見る」ということだったなと思い出します。

大目に見ることの条件

「大目に見る」とは、失敗をしても多少は見逃すことや咎めない意味で、生活の中でも良く聞く言葉ではないでしょうか。特にスポーツをしている方は、試合で失敗をしても大目に見られて軽い注意くらいで済む選手を、スポーツ中継などで見ます。
「大目に見る」は誰に対しても行われるのではなく、そこにはルールがあると思います。まず日頃失敗をしない優秀な人間に使われますね。失敗が珍しいので、一度くらいで注意しなくても大丈夫という意味合いで使われるでしょう。また仕事などで初めて業務を行う新人の失敗に対しても使用される場合があります。最初から仕事ができるはずがないという意識から「次は失敗はするな」と釘を刺される感じです。
逆に、いつも失敗ばかりしてしまう人間には滅多に使われません。仏の顔も三度までと言いますが、「大目に見る」ことが許されるのは、失敗が三回以内までの人ではないかと私は考えています。全員が平等に大目に見られたら、失敗をしない方にとって不平等になってしまいますが、結局は注意する指導者の気まぐれなのかも知れません。
失敗をしないことが一番ですが、もし失敗をした時のためにも、日頃の行いを良くしていれば大目に見られることが増えるはずです。

」で始まる言葉一覧

1989.恩を売る  1974.恩を仇で返す  1959.恩に着る  1944.恩に着せる  1929.音頭を取る  1913.温故知新  1893.尾を引く  1871.折り紙付き  1846.親はなくとも子は育つ  1830.親の光は七光  1814.親の脛をかじる  1761.親方日の丸  1743.重荷を下ろす  1725.思う壺  1707.思うこと言わねば腹膨る  1689.思い立ったが吉日  1668.溺れる者は藁をもつかむ  1647.尾ひれを付ける  1626.お百度を踏む  1605.帯に短し襷に長し  1584.お鉢が回る  1563.十八番  1541.尾羽うち枯らす  1518.鬼も十八、番茶も出花  1495.鬼の目にも涙  1471.鬼の首を取ったよう  1420.鬼の居ぬ間に洗濯  1394.鬼に金棒  1340.鬼が出るか蛇が出るか  1311.同じ釜の飯を食う  1281.同じ穴の狢  1251.音に聞く  1221.男は度胸、女は愛嬌(敬)  1191.男心と秋の空  1161.お茶を濁す  1129.お茶の子さいさい  1097.小田原評定  1064.お高くとまる  1031.押しも押されもしない  1009.親思う心に勝る親心  998.押しが強い  965.教えの庭  931.お先棒を担ぐ  896.驕る平家は久しからず  861.後(遅れ)れを取る  824.臆面もなく  788.おくびにも出さない  751.奥歯に物が挟まる  712.屋上屋を架す  673.傍(岡)目八目  635.お株を奪う  596.陸に上がった河童  557.大目に見る  516.大目玉を食う  475.大見得を切る  435.大風呂敷を広げる  393.大船に乗ったよう  310.大手を振る  267.大きな口をきく  224.大きな顔をする  180.大男総身に知恵が回りかね  136.おうむ返し  92.王手を掛ける  48.負うた子に教えられて浅瀬を渡る  5.老いては子に従え