牛飲馬食

【漢字】牛飲馬食
【読み】ぎゅういんばしょく
【意味】大食いをすること。
【例文1】牛飲馬食で太りすぎた。
【例文2】牛飲馬食で胃かいようになった。

牛飲馬食をテーマにした記事

牛飲馬食の結果

牛飲馬食とはむやみに飲み、大食いすることです。
大食いと言えばタレントのギャル曽根ちゃんです。びっくりするほど牛飲馬食ですね。大食いもびっくりしましすど、あれだけ食べてなぜ太っていないのかが
もっと信じられません。私は食べたら食べた分だけ身になります。体質の問題なんズルすぎます。わたしだってケーキにお寿司に肉を思いっきり食べたいです。中年太りした今健康が気になって腹八分で止めているのです。
しかしあれだけの量を作って食べて家での食費は相当なもんだろうと余計な事を推測します。よくよく考えたら朝からの地方ロケのテレビ番組もあるみたいなのでただ食いか。おいしい物もたらふく食べて一石二鳥。それも羨ましいかぎりですね。
わたしの同僚も学生の頃は陸上部で走っては食べ走っては食べ、体系は30歳までは、学生のままだったそうです。ところが長く付き合った恋人と結婚寸前に彼氏の借金が判明して別れたそうです。悔しくて毎日牛飲馬食していたら、
2ヶ月で20キロも太ったそうです。日もだいぶ経ち我に返ってダイエットに励んだそうです。飲みすぎて胃も悪くしたので絶対に牛飲馬食はしないと誓ったそうです。