「我が身をつねって人の痛さを知れ」とは、自分の苦痛と引き比べて他人の苦痛を思いやれという教訓

「我が身をつねって人の痛さを知れ」とは、自分の苦痛と引き比べて他人の苦痛を思いやれという教訓です。

意味:

自分の苦痛と引き比べて、他人の苦痛を思いやれ、という教訓。

読み方:

  • わがみをつねってひとのいたさをしれ

使い方:

  • 他人の苦痛を理解できない人に、自分の苦痛を例えに説明する際に使用します。
  • 自分の行動が他人にどのような影響を与えるかを考えるきっかけを与えるために使用します。

例文:

  • 例文1:
    • 自分が辛い時に、他人の苦痛を理解するのは難しい。しかし、我が身をつねって、相手の気持ちを想像してみるべきだ。
  • 例文2:
    • いじめられている人の気持ちを理解するためには、自分が実際にいじめられてみるしかないのかもしれない。
  • 例文3:
    • 戦争の悲惨さを知るためには、実際に戦場を体験するしかないのだろうか。

類義語:

  • 己の痛みを知れば人の痛みも分かる
  • 同情する
  • 共感する
  • 思いやりを持つ
  • 想像力を持つ

対義語:

  • 無関心
  • 冷淡
  • 無慈悲
  • 冷酷
  • 無情

その他:

  • 「我が身をつねって人の痛さを知れ」は、古くから言い伝えられてきたことわざです。
  • 自分の苦痛を理解することで、他人の苦痛にも共感できるようになるという考え方です。

このことわざは、人間関係を円滑にするために大切な教訓と言えるでしょう。

補足:

  • このことわざは、必ずしも身体的な苦痛だけに限らず、精神的な苦痛にも当てはまります。
  • 他人の苦痛を理解するには、実際に同じ体験をする必要はなく、想像力や共感力を持つことが重要です。

このことわざを心に留め、他人の気持ちを常に想像しながら行動することが大切です。

参考URL:
我が身を抓って人の痛さを知れ | 会話で使えることわざ辞典 | 情報・知識&オピニオン imidas - イミダス