「見向きもしない(みむきもしない)」は、興味を持たないさま、無視するさま

「見向きもしない(みむきもしない)」は、興味を持たないさま、無視するさまを意味します。

語源

「見向き」は、「見る」と「向き」が合わさった言葉で、何かを見るために体を向けることを意味します。

「見向きもしない」は、何かを見ても、体を向けずに無視するという動作を表現した言葉です。

意味

  • 興味を持たないさま
  • 無視するさま
  • 関心を持たないさま
  • 意に介さないさま
  • 冷たく扱うさま

使い方

  • 例文1: 彼は、私の話を一切見向きもしなかった。(Kare wa, watashi no hanashi o ichimai mimukishi nakatta.) - 彼は、私の話を一切見向きもしなかった。
  • 例文2: 彼女は、新しい流行には全く見向きもしない。(Kanojo wa, atarashii ryūkō ni wa mattaku mimukishi nai.) - 彼女は、新しい流行には全く見向きもしない。
  • 例文3: その会社は、顧客の声に全く見向きもしなかった。(Sono kaisha wa, kokyaku no koe ni mattaku mimukishi nakatta.) - その会社は、顧客の声に全く見向きもしなかった。

類義語

  • 無視する
  • 無関心
  • 冷淡
  • 冷たい
  • 無頓着

英語表現

英語では、「見向きもしない」に相当する単一の表現はありませんが、状況に応じて以下のような表現を使い分けることができます。

  • Ignore: 無視する
  • Pay no attention to: 注意を払わない
  • Be indifferent to: 無関心である
  • Take no notice of: 気付かない
  • Turn a blind eye to: 見過ごす

その他

「見向きもしない」という言葉は、古くから使われてきた表現です。

現代社会でも、様々な場面で使われる表現です。

誰かが何かに興味を持たない、無視する様子を表現する際によく用いられます。

「見向きもしない」という言葉は、人間関係においてネガティブな印象を与える可能性があるため、使う場面には注意が必要です。

参考URL:
「見向きもしない(みむきもしない)」の意味や使い方 わかりやすく解説 Weblio辞書