見向きもしない

【漢字】見向きもしない
【読み】みむきもしない
【意味】相手にしない。関心がない。
【例文1】婚活パーティでは3高以外は見向きもしない。
【例文2】美人以外は見向きもしない。
【例文3】妻以外見向きもしない。

見向きもしないをテーマにした記事

 

面白いことをすすめているのにそれに見向きもしない人

自分が面白いと思った映画や小説などは、他人にすすめたくなりますよね。しかし何度すすめても、それに見向きもしないような人はいます。「自分はこんなにもすすめているのに、なぜ関心を抱いてくれないのか」と憤慨する方もいるかもしれません。ですが憤慨する必要はないんですよ。

なぜなら自分にとって面白いものであっても、他人にとっては面白くないといったことは、当たり前のことだからです。たとえば過去を振り返ってみると「なんであの友人はあの作品が好きなのだろう」と疑問に思った経験などはありませんか。それはつまり『友人にとっては面白いと感じる作品』だったということです。考え方や感じ方は人それぞれで違いますので、どんなに評判が悪い作品であっても、誰かにとっては面白い作品であることは往々にして有り得ます。逆もまた然りです。だから、自分がどんなに面白いと感じる作品であっても、なぜかそれに見向きもしてくれない人がいるのは、当然だといえます。

ですから自分がすすめた作品に対して、友人が興味を示さないことがあっても、気にしないのが一番です。『気にしないようにする』のは難しいですが、「興味のない人もいるのだ」と何度も思い続けると、次第に気にしないようになれますよ。