「暑さ寒さも彼岸まで」は、夏の暑さも秋の彼岸頃には和らぎ、冬の寒さも春の彼岸頃には和らぐという意味

「暑さ寒さも彼岸まで」は、夏の暑さも秋の彼岸頃には和らぎ、冬の寒さも春の彼岸頃には和らぐという意味のことわざです。

意味

  • 夏の暑さも秋の彼岸頃には和らぎ、冬の寒さも春の彼岸頃には和らぐという意味です。
  • どんな厳しい状況も、いずれは乗り越えられるという意味合いも含まれています。

語源

このことわざの語源は、仏教の行事である彼岸に由来します。

彼岸は、春分の日と秋分の日を挟む7日間を指し、この期間は 昼と夜の長さがほぼ同じになることから、暑さや寒さが和らぐと考えられていました。

使い方

「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉は、主に 夏の暑さや冬の寒さを乗り越える 励ましの言葉として使われます。

例文

  • 例文1: 暑い日が続くけれど、暑さ寒さも彼岸までだから、もう少し頑張ろう。(Atsui hi ga tsuzuku keredo, atsusa samusa mo higan made dakara, mou sukoshi ganbarou.) - 暑い日が続くけれど、暑さ寒さも彼岸までだから、もう少し頑張ろう。
  • 例文2: 寒くて辛いけれど、暑さ寒さも彼岸までだから、あと少しだけ我慢しよう。(Samくてtsurai keredo, atsusa samusa mo higan made dakara, ato sukoshi dake gaman shiyou.) - 寒くて辛いけれど、暑さ寒さも彼岸までだから、あと少しだけ我慢しよう。
  • 例文3: 人生には様々な困難があるけれど、暑さ寒さも彼岸までだから、必ず乗り越えられる。(Jinsei ni wa iroiro na konnan ga aru keredo, atsusa samusa mo higan made dakara, kanarazu norikoerareru.) - 人生には様々な困難があるけれど、暑さ寒さも彼岸までだから、必ず乗り越えられる。

類義語

  • 楽あれば苦あり
  • 塞翁が馬
  • 禍福はあざなえる縄のごとし
  • 何事も成るは意気
  • 辛抱は美徳

英語表現

英語では、「暑さ寒さも彼岸まで」に相当する単一の表現はありませんが、状況に応じて以下のような表現を使い分けることができます。

  • This too shall pass: これもいつか終わる。
  • Better days are ahead: これから良いことが待っている。
  • There is light at the end of the tunnel: トンネルの先に光が見える。
  • What doesn't kill you makes you stronger: 死なないものはあなたを強くする。
  • Hang in there: 頑張って。

その他

「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉は、日本人の 自然に対する畏敬の念 と 忍耐強さ を表すことわざと言えるでしょう。

厳しい状況でも、希望を忘れずに前向きに努力することが大切だということを教えてくれる言葉です。

参考URL:
暑さ寒さも彼岸まで - Wikipedia