一攫千金

【漢字】一攫千金
【読み】いっかくせんきん
【意味】一度に大金を獲得する。
【例文1】一攫千金を狙って宝くじを買う。
【例文2】一攫千金なんて夢のまた夢だ。
【例文3】ビジネスが成功して一攫千金だ。

一攫千金をテーマにした記事

一攫千金を狙って宝くじ!

一攫千金といえば、宝くじではないでしょうか。
実際、我が家でも一攫千金を狙って、定期的に宝くじを購入していたことがありました。
宝くじというと、年末や夏に売り出されるサマージャンボを一番に思い浮かべる人も多いと思いますが、我が家の場合はもっぱらロトくじ、なかでもロト6を中心に購入していました。
最もよく購入していた時期には、週に2回、2口ずつ購入していたため、1年間にかかった金額はそれなりになります。
決して生活に余裕があるわけでもない私達夫婦が、欠かさずロト6を買っていたのは、ただただ一攫千金を夢見てのことでした。
しかし、ロト6という宝くじは、実際にはそう簡単に当たるものではありません。
我が家での当選経験といえば、年に数回、最低当選額である1000円が当たった程度です。
結局、週に2回2口ずつの購入は、3年を過ぎたあたりで止めてしまいました。
止めるきっかけとなったのは、ロト6購入に充てた金額をためておけば、それなりの貯金ができたのではないかということに気づいたことです。
一攫千金を目指していたものの、結果としては損をしていたことになります。
夫は、今でもときどき「ロト6買おうか」と言うことがありますが、私自身は、買ったつもりで貯金をした方がずっと有意義だと思っています。

 

「一攫千金」

一つかみの金又は物で大きなお金を手にする事を「一攫千金」と言います。「100円の馬券が万馬券になり、一攫千金を手にする」や「宝くじの一等が当選した彼は、まさに一攫千金だ」など、特に努力をする事なく大金を得られた時に使用されます。御伽噺の「わらしべ長者」などはそれこそそういう話であり、ある若者が神頼みをし、「金持ちになりたい」観音様に拝むと「今から最初に手にしたものがお前を金持ちにする」と言われ、最初に手にした品が只の藁一本なのです。紆余曲折ありながら物々交換で最後には家と畑をを手に入れるのですが、冷静に考えれば若者の持って生まれた強運のみで只の一本の藁から、家と畑にまで辿り着いたのです。現実の世界では中々そうは上手く行く訳ありませんし、そもそも藁を一本手にして高価な品に変わるというのを真に受ける人は早々いない筈です。その素直さと行動力が結果的に幸運を齎し、若者の思惑通りになったのです。きっと嬉しい誤算とはこういう事を言うのだと思います。但し、誰も彼もそういう憂き目に会える訳ではなく、先に述べた強運の持ち主にしか訪れないレアなケースというのを決して忘れてはなりません。一生の内一度でもそんな幸運が訪れれば充分で、一攫千金が矢継ぎ早にやって来る事があれば、それはずっと先の来世の幸運さえ使っているのかもしれません。

一攫千金とは

「一攫千金」とは一度にたやすく巨額のお金を手にすること言ったのたとえです。「一攫」はひとつかみという意味で「千金」は大金のことを指します。ひとつかみで大金を得ることから苦労をせずちょっとしたことから大金を手にすることを一攫千金と言います。苦労せず利益を得るということから地道に努力して利益を手にすることに使うのは間違いで、例えば宝クジを買って当てると言ったときに使います。使い方の例として「一攫千金を夢見て今年は宝くじを買おう。」「この株で大当たりしたら夢の一攫千金だ。」と言った使い方をします。一攫千金を狙うにはもちろんそれ相応のリスクも伴ってきます。投資で狙うのであれば、まだ自分の実力もないのに一攫千金を狙って大きな投資をすると損する確率の方が高いですなるべく少ない額からチャレンジしていくことをお勧めします。一攫千金を手にすれば人生大逆転にもなりますが、一攫千金を手にできる人はほんの一握りの人間だけです。少し間違えてしまうと、どん底人生なんてことにとなりかねません。楽して大金を手にするより、リスクがなく地道にコツコツと貯めていく方が確実です。たまに一攫千金を夢見て宝くじを買う程度がいいですね。

.」で始まる言葉一覧

2538.引導を渡す 2537.慇懃無礼 2536.因果を含める 2535.因果応報 2534.異を唱える 2533.意を決する 2531.言わぬが花 2529.鰯の頭も信心から 2527.色をなす 2525.色を付ける 2523.色を失う 2521.嫌気が差す 2518.否が応でも 2515.いやが上にも 2511.芋の煮えたもご存じない 2507.芋の子を洗うよう 2503.芋づる式 2499.意味深長 2495.今泣いた烏がもう笑う 2491.威風堂々 2487.意表を突く 2483.茨の道 2479.井の中の蛙大海を知らず 2475.命の洗濯 2471.命あっての物種 2467.犬も食わない 2462.犬も歩けば棒に当たる 2457.犬の遠吠え 2447.意に介さない 2442.糸を引く 2437.居ても立っても居られない 2432.一服盛る 2427.一敗地に塗れる 2421.一杯食わされる 2415.一得一失 2409.一刀両断 2403.一頭地を抜く 2397.一長一短 2391.一朝一夕 2384.一知半解 2377.一線を画す 2370.一石を投じる 2362.一石二鳥 2354.一世を風靡する 2346.一世一代 2337.一寸の虫にも五分の魂 2330.一寸の光陰軽んずべからず 2322.一寸先は闇 2314.一炊の夢 2306.一心不乱 2298.一心同体 2290.一進一退 2282.一矢報いる 2274.一触即発 2265.一笑に付す 2256.一将功なりて万骨枯る 2247.一生懸命 2238.一瀉千里 2229.一糸乱れず 2220.一切合切(財) 2211.一刻を争う 2202.一国一城の主 2193.一挙両得 2183.一挙手一投足 2171.一挙一動 2160.一騎当千 2148.一気呵成 2136.一喜一憂 2124.一巻の終わり 2112.一家を成す 2099.一攫千金 2088.一を聞いて十を知る 2076.一蓮托(託)生 2064.一利一害 2052.一翼を担う 2040.一陽来復 2028.一葉落ちて天下の秋を知る 2014.一も二もなく 2001.一目瞭然 1988.一目置く 1973.一網打尽 1958.一望千里 1943.一富士二鷹三茄子 1928.一部始終 1912.一病息災 1892.一姫二太郎 1870.一念発起 1845.一年の計は元旦にあり 1829.一難去ってまた一難 1812.一日の長 1795.一日千秋 1777.一事が万事 1759.一言半句 1741.一期一会 1723.一言居士 1705.一から十まで 1687.一か八か 1666.一衣帯水 1645.一意専心 1624.至れり尽くせり 1603.板挟みになる 1582.板に付く 1561.鼬ごっこ 1539.痛し痒し 1493.痛くも痒くもない 1469.痛い目にあう 1444.急がば回れ 1418.いずれ菖蒲か杜若 1392.以心伝心 1365.意地を張る 1338.衣食足りて礼節を知る 1309.医者の不養生 1279.石橋を叩いて渡る 1249.石の上にも三年 1219.石に漱ぎ流れに枕す 1189.石にかじりついても 1159.石が流れて木の葉が沈む 1127.いざ鎌倉 1095.異口同音 1062.息を吹き返す 1029.息を引き取る 996.息を弾ませる 963.息を呑む 929.息を抜く 894.息をつく 859.威儀を正す 822.息を殺す 786.息を凝らす 749.意気揚々 710.息の根を止める 671.意気投合 633.意気消沈 594.意気軒高 554.息が長い 513.息が詰まる 472.息が絶える 432.行きがけの駄賃 390.息が切れる 350.息がかかる 307.息が合う 301.色の白いは七難隠す 264.生き馬の目を抜く 221.行き当たりばったり 177.怒り心頭に発する 133.いかもの食い 89.言うは易く行うは難し 45.言うに事欠いて 2.唯々諾々