「能なしの口たたき」は、日本語のことわざの一つで、才能や能力がないくせに、よくしゃべる人を揶揄する言葉

「能なしの口たたき」は、日本語のことわざの一つで、才能や能力がないくせに、よくしゃべる人を揶揄する言葉です。

「能なし」は、「才能がない人」という意味、「口たたき」は、「よくしゃべる人」という意味です。つまり、何もできないくせに、おしゃべりだけ得意な人を指すことわざです。

このことわざは、実力がないのに、口先だけで虚勢を張る人に対して、軽蔑や批判の気持ちを込めて使われます。また、行動に移さずに、ただ口先だけであれこれ言う人に対して、呆れや皮肉を込めて使われることもあります。

ことわざの使い方

「能なしの口たたき」は、口ばかりで行動しない人を批判したいときによく使われます。例えば、

  • あいつは能なしの口たたきで、いつも偉そうにしているだけで何もできない。 (He's a big talker who never does anything.)
  • 彼女は能なしの口たたきで、人の悪口ばかり言っている。 (She's a gossip who always talks behind people's backs.)
  • その政治家は能なしの口たたきで、国民を騙しているだけだ。 (That politician is just a big talker who is deceiving the people.)

類義語

  • 口先だけ
  • 虚勢を張る
  • 偉そうに振る舞う
  • 悪口を言う
  • 陰口を叩く

反義語

  • 実力派
  • 行動派
  • 謙虚
  • 誠実
  • 真面目

注意

「能なしの口たたき」という言葉は、相手を傷つける可能性があるため、使う際には注意が必要です。むやみに使って、相手を不快にさせてしまうようなことは避けましょう。

以上、「能なしの口たたき」の意味と使い方について説明しました。このことわざを適切な場面で使用して、コミュニケーションを円滑にするように心がけましょう。

参考URL:
「能なしの口叩き」(のうなしのくちたたき)の意味