花鳥風月

【漢字】花鳥風月
【読み】かちょうふうげつ
【意味】自然の美しい景色。
【例文1】花鳥風月を見て和む。
【例文2】花鳥風月は癒される。
【例文3】花鳥風月を楽しむ。

花鳥風月をテーマにした記事

「花鳥風月」を愛でる感覚

日本の国は、春があり夏があり、秋・冬があってまた春が巡ってくるという四季によってさまざまなことが決められたり動いていく国です。
その根底にある「花鳥風月」を愛でる感覚は長い年月で育てられてきました。
自然が時を追って変化していく日本では、小さな変化も生活をしていく上で大切なサインで会ったりします。
第一次産業は自然を無視して成り立たないものが多く、自然が教えてくれるタイミングが豊穣の結果を導いてくれるのです。
文化では「花鳥風月」を中心にして発展したものがたくさんあります。
俳句などは季語を使って四季の表情を五・七・五の十七音という短い文の中に集約します。
日本食などにも「花鳥風月」を活かして作られたり、出来上がったお料理を盛り付けるときに取り入れたりしています。
外国から来た観光客なども、こうした日本ならではの自然を大事にして愛するこころを感じて、日本を好きになるという人もいます。
自然の移ろいに、なんとも言えない小さな感動を積み重ねながら生きている日本人ですが、だんだん五感で感じる機会が少なくなってきていることは残念です。

花鳥風月

花鳥風月とは自然の美しい景色や雅な趣を楽しむ、風流としての意味で綺麗な言葉だなと感じます。この言葉を聞くといつも思い出すのが、テレビで芸能人の方が花鳥風月の順番で自然を楽しむようになると話していた事です。大分前の放送なので正確に覚えてる訳ではありませんが、まず始めに花を美しいと思うようになり、そこから鳥、風、月へと移り変わりながら年をとっていき理解していくようになるみたいに言われててなんて素敵なんだと印象に残っています。自分は今どこまでの自然の趣を心から味わえているだろうと考えてもしまいます。花だったらお花見やちょっと奮発して家に生花を飾ったり、昔は興味が無かったのに今は花束をもらって嬉しい綺麗だなと感じるようになれました。鳥ならばバードウォッチングがある位ですし山の中で鳥の囀ずりなんかを聞くと実際和みます。自然の音を集めたCDを聞いたりもするので段々と良さが分かってはいると思います。風はまさに肌身で感じて姿を見ることの出来ないのに在るものという感じがして、花や鳥から更に深みがある自然の触れあいで、最後の月は満月を見ながら晩酌したりするイメージが今の所あるのですが、そこまで行くには何もかもを俯瞰出来るようになった人が似合う気がしています。まだまだ自然の表面上の綺麗さにばかり囚われてる自分なので花鳥風月をちゃんと楽しめる年の重ね方が出来たら良いなと思います。

」で始まる言葉一覧

2508.完膚なきまでに  2504.看板に偽りなし  2519.間一髪  2516.閑話休題  2512.完璧  2428.眼光紙背に徹す  2422.感慨無量  2448.顔色なし  2468.邯鄲の夢  2488.癇に障る  2443.冠婚葬祭  2463.肝胆相照らす  2484.艱難汝を玉にす  2410.かわいさ余って憎さ百倍  2404.かわいい子には旅をさせよ  2480.艱難辛苦  2476.噛んで含める  2472.眼中にない  2416.我を張る  2438.閑古鳥が鳴く  2433.換骨奪胎  2458.完全無欠  2500.看板倒れ  2453.勧善懲悪  2496.間髪を入れず  2492.堪忍袋の緒が切れる  2315.亀の甲より年の功(劫)  2266.兜を脱ぐ  2398.彼を知り己を知れば百戦あやうからず  2392.枯れ木の山の賑わい  2283.壁に耳あり障子に目あり  2203.金に目がくらむ  2307.神も仏もない  2355.烏の行水  2340.可もなく不可もなし  2338.蚊帳の外  2248.株が上がる  2378.画竜点睛を欠く  2371.借りてきた猫  2257.禍福は糾える縄の如し  2385.枯れ木に花  2363.体を張る  2347.痒い所に手が届く  2212.金の切れ目が縁の切れ目  2239.金持ち喧嘩せず  2275.株を守りて兎を待つ  2299.鎌を掛ける  2291.果報は寝て待て  2323.鴨が葱を背負ってくる  2029.買って出る  2041.河童の川流れ  2149.鼎の軽重を問う  2101.瓜田に履を納れず  2125.角が取れる  2184.金が物を言う  2161.蟹の横ばい  2194.金に糸目を付けない  2137.門松は冥土の旅の一里塚  2002.勝手が違う  2077.我田引水  2053.活を入れる  2089.合点がいかない  2172.蟹は甲羅に似せて穴を掘る  2113.角が立つ  2015.勝って兜の緒を締めよ  1975.花鳥風月  1945.肩を持つ  1847.肩を怒らす  1914.方(片)を付ける  1894.肩を落とす  1930.肩を並べる  1960.火中の栗を拾う  1872.肩を入れる  1990.合従連衡  1815.肩身が狭い  1831.語るに落ちる  1744.肩の荷が下りる  1798.片棒を担ぐ  1780.肩肘張る  1726.型にはまる  1708.刀折れ矢尽きる  1762.片腹痛い  1447.佳人薄命  1585.風邪は万病の因  1606.風を切る  1542.風の便り  1627.方(片)が付く  1690.肩で息をする  1564.風の吹き回し  1648.肩透かしを食う  1496.風が吹けば桶屋が儲かる  1519.稼ぎに追いつく貧乏なし  1472.苛政は虎よりも猛し  1669.固唾を呑む  1421.臥薪嘗胆  1367.火事あとの釘拾い  1395.舵を取る  1222.影を潜める  1312.風上にも置けない  1252.籠の鳥  1282.風穴を開ける  1368.笠に着る  1341.嵩に懸かる  1130.影が薄い  1162.陰になり日向になり  1192.影も形もない  1098.学問に王道なし  999.書き入れ時  1065.隔世の感  1032.蝸牛角上の争い  966.我が強い  932.顔をつなぐ  720.駆け馬に鞭  825.顔を貸す  752.顔向けできない  674.顔から火が出る  713.顔に泥を塗る  636.顔が広い  897.顔を出す  862.顔を曇らせる  789.顔を売る  225.快刀乱麻を断つ  268.隗より始めよ  597.顔がつぶれる  311.蛙の子は蛙  558.顔が立つ  436.顔が売れる  476.顔が利く  517.顔が揃う  353.蛙の面に水  394.顔色をうかがう  181.灰燼に帰す  137.外柔内剛  6.飼い犬に手を噛まれる  49.開口一番  2230.金は天下の回りもの