「鳥肌が立つ」とは、寒さや恐怖などの刺激によって、皮膚が粟を生じたように盛り上がる様子

「鳥肌が立つ」とは、寒さや恐怖などの刺激によって、皮膚が粟を生じたように盛り上がる様子を表します。

メカニズム

寒さや恐怖などの刺激を感じると、交感神経が活性化し、体毛を立てる筋肉が収縮します。すると、毛穴が引き締まり、皮膚が盛り上がるように見えるのです。これが、いわゆる「鳥肌」です。

鳥肌が立つ原因

鳥肌が立つ原因は、主に以下の3つが挙げられます。

  • 寒さ

寒さを感じると、体温を逃さないように体毛を立てようとします。これが鳥肌の原因となります。

  • 恐怖

恐怖を感じると、敵に威嚇するために体毛を立てようとします。これが鳥肌の原因となります。

  • 感動

感動を感じると、交感神経が活性化し、鳥肌が立つことがあります。これは、喜びや興奮などの強い感情が、寒さや恐怖と同じように交感神経を刺激するためと考えられています。

鳥肌が立つ場所

鳥肌は、一般的に腕や背中にできますが、全身に広がることもあります。

面白い豆知識

  • 鳥肌は、人間だけでなく、他の動物にも見られます。
  • 鳥肌は、英語では「goosebumps」と呼ばれます。
  • 鳥肌は、医学的には「立毛反射」と呼ばれます。

まとめ

「鳥肌が立つ」は、寒さや恐怖などの刺激によって起こる生理現象です。これは、人間だけでなく、他の動物にも見られる現象です。鳥肌は、体の状態や感情を反映するバロメーターと言えるでしょう。

参考URL:
鳥肌が立つ(とりはだがたつ)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書