蜘蛛の子を散らす

【漢字】蜘蛛の子を散らす
【読み】くものこをちらす
【意味】大勢の人があちらこちらに散らばる様子。
【例文1】詐欺グループが蜘蛛の子を散らして逃げる。
【例文2】アパートが火事になり蜘蛛の子を散らして走る。
【例文3】爆発事故で大勢の人が蜘蛛の子を散らす。

蜘蛛の子を散らすをテーマにした記事

 

 

「蜘蛛の子を散らす」可能性がある仮想通貨

2017年は革命元年、仮想通貨元年と言われ、仮想通貨についてのニュースや記事を見ない日がないほど空前前後の仮想通貨バブルが到来しました。仮想通貨についてよく知らない方も多いのではないかと思いますが、「ビットコイン」というワードを一度は耳にしたことはあるのではないでしょうか。

ビットコインは仮想通貨の一種であり、他にも国内初の仮想通貨「モナコイン」等があります。仮想通貨は、円やドルといった法定貨幣の代わりにインターネット上のコミュニティでやり取りされているデータを通貨として利用するもので、現物の貨幣が存在しないのが特徴とした仮想の通貨です。仮想通貨は金融機関を通さずに貨幣の送金がインターネット上でやり取り可能なので、銀行をはじめとした金融機関を利用する必要がなくなります。

仮想通貨は日々その価値が変動し、当初の価値よりも跳ね上がったりすることがあり、信用を担保もしくは信頼があって普及するものです。現在仮想通貨バブルが急騰していますが、仮想通貨バブルの崩壊の危機感や予兆が出てきてしまったら、蜘蛛の子を散らすように市場から誰もいなくなってしまう恐れがあるのが仮想通貨のデメリットというか特徴でもあると思います。仮想通貨は今後現物通貨の代わりになるのかわからないですが、チェックしてみるのもいいかもしれませんね。