心を配る

【漢字】心を配る
【読み】こころをくばる
【意味】周囲や物事に細かく気を使う。
【例文1】彼女は誰にでも心を配る事ができる。
【例文2】心を配る人が好かれる。
【例文3】お年寄りに心を配る。

心を配るをテーマにした記事

自然に心を配ることができる人

心を配ることを自然にできる人は素敵だと思います。
しかし、普段からそういう習慣がないと、なかなか心を配る行動はできないかもしれません。

一家の主婦は普段から家族のために心を配って、いろいろと家事をやっています。
その為、誰かのために心を配ることが自然に身についているので、他の場面でもそれを行動に出やすいのではないかと思います。

逆にいつも誰かに助けてもらったり、やってもらっていると、それが当たり前になってきます。
そのため、そういう人はなかなか心を配ることができにくくなっているかもしれません。

偽善的に心を配っても、それは相手や周りの人にわかってしまうものです。
やはい自然にそういうことができる人は、とても凄いと思いますし、素晴らしいと思います。

人格という表現がありますが、心を配ることができる人は、人格的にも素晴らしい人なのだと思います。
私もそういう人になれるようにしていきたいと思っています。

世の中の人がみな、心を配ることが自然にできるようになれば、今よりも争い事は少なくなるのではないかと思います。
私利私欲が先行してしまい、心を配ることをしない、またはできない人たちが増えてしまうと争い事も増えてしまうのだと思います。

心を配ることが身に付いていている人

この年になっても未だに出来ていない事があります。40歳後半、女性の寿命を考えても人生の折り返し地点にいるのに、未だに人のことを思いやるということが上手く出来ません。いや周りから見れば結構人に気を使っているいい人に見えるかもしれません。そういう風に見えるように日々心がけているからです。でも本当のところはまったく違っているのです。自分でスイッチをきちんといれないと人に気を使えないし、人に心を配ることが出来ないのです。
子どもの頃から親に「思いやりの心を持ちなさい」と言われて育ってきました。その言葉はきちんと自分の心の中にあるのです。でも言葉だけであって実際に思いやりってどういう心の動きなのかが実感出来ていなかったと思います。それは大人になった今でも同じです。人に心を配るってどういった心の感じなのだろうとつかめていない部分があります。分かっていないので多分自然に心を配ることが出来ていません。なので職場や人との関わり合いの中で「よし!心を配れるように気をつけよう!」というスイッチを入れている毎日です。だからそういったことが身に付いていてごくごく自然に出来る人は本当に尊敬します。
思いやりや心配りは言葉や知識じゃなくて心の動きとして小さい頃から育んでいくものだと思います。

」で始まる言葉一覧

2100.五里霧中  2043.ごまめの歯軋り  2067.小耳に挟む  2103.転ばぬ先の杖  2127.コロンブスの卵  2163.言語道断  2186.権兵衛が種まきゃ烏がほじくる  2139.怖いもの見たさ  2004.子どもの喧嘩に親が出る  2079.孤立無援  2055.胡麻を擂る  2031.子は三界の首枷  2151.子を持って知る親の恩  2174.今昔の感  2115.転んでもただでは起きない  2017.子はかすがい  1992.言葉を濁す  1978.小手調べ  1963.腰を抜かす  1948.腰を据える  1917.腰を上げる  1897.故事来歴  1801.腰が低い  1875.五十歩百歩  1840.この親にしてこの子あり  1818.腰が弱い  1851.虎視眈々  1834.腰巾着  1747.腰が重い  1729.古今東西  1765.腰が強い  1783.腰が抜ける  1711.心を許す  1450.心に残る  1588.心を奪われる  1609.心を鬼にする  1545.心を痛める  1630.心を砕く  1522.心許ない  1567.心を打つ  1693.心を引かれる  1672.心を込める  1499.心にもない  1499.心にもない  1475.心に触れる  1424.心に刻む  1651.心を配る  1398.心に掛ける  1371.心に浮かぶ  1225.こけら落とし  1315.心が弾む  1255.心が重い  1285.心が通う  1344.志を立てる  1101.黒白をつける  1133.小首を傾げる  1165.孤軍奮闘  1195.虎穴に入らずんば虎子を得ず  1068.極悪非道  1035.故郷へ錦を飾る  1002.声を呑む  969.呉越同舟  935.業を煮やす  829.紺屋の明後日  793.公明正大  756.弘法筆を選ばず  678.公平無私  717.弘法にも筆の誤り  640.郷に入っては郷に従え  900.功を奏する  601.荒唐無稽  865.紺屋の白袴  229.後悔先に立たず  315.厚顔無恥  272.口角泡を飛ばす  440.好事魔多し  562.口頭試問  480.後生畏るべし  357.巧言令色  521.広大無辺  398.孝行のしたい時分に親はなし  185.甲乙付け難し  53.紅一点  141.行雲流水  10.鯉の滝登り  97.光陰矢のごとし