文は人なり

【漢字】文は人なり
【読み】ぶんはひとなり
【意味】文章を見れば書き手の人柄がわかる。
【例文1】文は人なりで就職試験に作文が課せられる。
【例文2】誤字脱字が多く文は人なり
【例文3】手書きの文章が文は人なりだ。

文は人なりをテーマにした記事

文は人なり」を肝に銘じる

言霊という言葉があります。
話した言葉には魂が宿っていて、それが大きな影響をもたらすので、言葉使いには十分に気を付けたほうが良いと改めて思います。

文は人なり」も話し言葉と書き言葉の違いはありますが、本質的には同じ意味のような気がします。
どちらもその人の内面性のようなものが現れるのではないかと思います。

どんなにキレイな言葉使いでも、中には悪意を感じるものや、言われても嬉しくないものもあります。
それは書き言葉も同じことだと思います。

最近は直筆の文章ではなく、メールなどが多くなってきました。
その為、文字の汚さなどは分からなくなりました。

しかし、メールでの文章でもその人の人間性を知ることができることがあります。
オンライン上での会話も多く行われるようになりましたが、やはりそこにも「文は人なり」がよく表れているような気がします。

私も文章を書く一人として、やはり心のこもった文を書いていかなければ、と改めて思います。
以前はメールの返信も自分が入力したものを読み返さずに送信していました。

その為、誤字脱字が多く、相手に意図がわかりにくいこともけっこうありました。
今ではそれを反省して、送信前に必ず文章を読み返すことにしています。

面倒くさいと思って書いた文章は必ずバレてしまうと思います。

」で始まる言葉一覧

1862.不退転 1885.仏頂1435.不眠不休 1461.冬来たりなば春遠からじ 1485.振り出しに戻る 1509.故きを温ねて新しきを知る 1596.粉骨砕身 1680.文明開化 1554.付和雷同 1409.不偏不党 1575.刎頸の交わり 1638.文は人なり 1659.文武両道 1617.踏んだり蹴ったり 1532.不老不死 1355.舟に刻みて剣を求む 1297.懐を痛める 1207.不撓不屈 1237.不得要領 1267.懐が寒い 1382.船をこぐ 1327.腑に落ちない 1102.深い川は静かに流れる 1114.筆が立つ 1146.筆を入れる 1177.筆をおく 915.不即不離 1016.蓋を開ける 983.豚に真珠 1049.物議を醸す 949.二つ返事 1082.降って湧いたよう 807.武士は食わねど高楊枝 695.吹けば飛ぶよう 734.不言実行 656.袋の鼠 618.河豚は食いたし命は惜しし 771.不幸中の幸い 880.不承不承 844.不惜身命 456.不帰の客となる 203.夫婦喧嘩は犬も食わない 247.風林火山 579.不倶戴天 290.武運長久 539.覆水盆に返らず 333.笛吹けど(も)踊らず 498.複雑怪奇 416.不可抗力 159.風前の灯 71.風光明媚 27.風雲急を告げる 115.風樹の嘆 373.不覚を取る