三つ指をつく

【漢字】三つ指をつく
【読み】みつゆびをつく
【意味】敬意を表す礼儀作法で、指を付いて座って丁寧にお辞儀する。
【例文1】女性が嫁ぐ前夜に三つ指立ついて挨拶をするイメージがある。
【例文2】三つ指をついて御座敷に入る。
【例文3】女将が三つ指をついて挨拶する。

三つ指をつくをテーマにした記事

「三つ指をつく」も含め所作を学ぶなら茶道が一番

「三つ指をつく」とは親指、人差し指、中指の3本の指を床について丁寧な挨拶をすることです。畳文化で和風建築であった日本ではかなり昔からあった習俗です。手のひらをペタッと床につけて頭を下げるのは土下座ですが、この「三つ指をつく」動作はあくまで丁寧な挨拶なのです。よく時代劇で女性が男性に対してしている仕草をみかけますよね。この動作は女性を美しく見せる所作の一つだと感じます。所作を学ぶには茶道を学ぶのが一番だと思います。茶道では茶室での立ち居振る舞いについてまず学ぶからです。畳の縁を踏まない歩き方はもちろん、3手で襖を開け閉めする作法、座り方なども学びます。座り方は茶道の流派によっても違います。座り方については裏千家は特に決まりはありませんが、表千家では自然に両足を揃えて座り、このとき片足を引きません。武者小路千家では少し前に片足を構え、上体を沈めたら後ろにある足の膝、出した足の膝の順につき、両足を揃えながら座りますが、両足一緒に座ってはいけないのです。これは慣れないとぎこちなくなってしまいます。また、挨拶の仕方も裏千家では3パターンあり、「真」は掛け物を拝見したり、主客の総礼、客がお点前を頂くときにするお辞儀で、両手を膝の前に静かに下ろし、上半身は手がさがるにつれて自然に前にだし、手の平全体を畳につけます。お腹が膝につくくらい、背筋を真っ直ぐにして上体をかがめます。「行」は客同士の挨拶で使うお辞儀です。背筋を伸ばして前に上体をかがめ、指の第二関節から先が畳につく程度にします。「草」はお点前の途中で亭主がするお辞儀で指先を膝の前の畳につけ、軽く上体を下げます。美しい所作を身に着けるのは大変ですね。

」で始まる言葉一覧

2542.水の流れと身の行方 2425.見様見真似 2407.見切り発車 2401.身を寄せる 2419.未曾有 2413.水掛け論 2319.身を切られるよう 2311.身を固める 2262.見るに堪えない 2395.身をもって 2287.身を誤る 2208.脈がある 2359.身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ 2303.身を起こす 2351.身を粉にする 2334.身を削る 2226.未来永劫 2244.見ると聞くとは大違い 2374.身を挺する 2253.見るに忍びない 2367.身を立てる 2388.実を結ぶ 2381.身を投じる 2343.身を焦がす 2217.冥利に尽きる 2279.見る目がある 2235.見る影もない 2271.見るに見かねる 2295.身を入れる 2327.身を砕く 2096.耳を貸す 2012.耳にする 2049.耳に入る 2025.耳にたこができる 2145.耳をそばだてる 2109.耳を傾ける 2168.耳を塞ぐ 2121.耳をくすぐる 2190.身も蓋もない 2133.耳を澄ます 2073.耳寄りな 2037.耳に付く 2085.耳を疑う 2157.耳を揃える 2179.見向きもしない 1999.耳に障る 1863.実るほど頭の下がる稲穂かな 1970.耳慣れない 1825.身の振り方 1841.身の程知らず 1808.身の毛がよだつ 1924.耳が痛い 1955.耳が早い 1940.耳が肥える 1886.身二つになる 1906.耳打ちする 1985.耳に入れる 1772.身になる 1754.身につまされる 1790.身の置き所がない 1736.身に付ける 1718.身に付く 1411.味噌を付ける 1437.道が開ける 1463.道草を食う 1487.道を付ける 1682.身に覚えがない 1700.身に染みる 1598.三つ子の魂百まで 1556.三日坊主 1511.三日天下 1577.三日見ぬ間の桜 1640.緑の黒髪 1619.三つ指をつく 1661.身に余る 1534.三日にあげず 1357.身銭を切る 1300.水を差す 1210.水をあける 1240.水を打ったよう 1270.水を得た魚のよう 1384.店を畳む 1329.水を向ける 1117.水の滴るよう 1149.水は方円の器に従う 1180.水も漏らさぬ 918.水際立つ 1019.水と油 1052.水に流す 1085.水の泡 952.水臭い 811.水が合わない 699.見ざる聞かざる言わざる 738.微塵もない 622.みこしを担ぐ 660.みこしを据える 775.水入らず 883.水清ければ魚すまず 847.水が入る 460.右の耳から左の耳 207.身が入る 583.みこしを上げる 294.身から出た錆 543.見切りを付ける 251.身が持たない 337.右から左 502.右にならえ 377.右と言えば左 420.右に出る者がいない 163.磨きを掛ける 75.見得を切る 119.見栄を張る 31.ミイラ取りがミイラになる