起承転結

【漢字】起承転結
【読み】きしょうてんけつ
【意味】基本的な文章を組み立てる順序。【起】書き始め 【承】話を膨らませる 【転】話題を変える【結】まとめる
【例文1】起承転結の小説を書く。
【例文2】起承転結を意識して作文を書く。
【例文3】起承転結がよく書けている。

起承転結をテーマにした記事

男は起承転結なしには話せません

男である私は、女性の意味もない話を長く続ける事が理解できません。
男と言う生き物は、起承転結があるような話ししかしたがりません。
話しても何の意味もない様な話は時間の無駄であり、話しをする必要がないと思っているのです。
ところが女性はと言うと、起承転結などどうでもよく、ただひたすらどうでも良い事を話し続けるのです。
私は母親や会社の同僚などの女性と話す機会があるのですが、このどうでも良い会話に付き合わさせるのが苦痛でなりません。
そもそも人と言うのは、自分の意を相手に伝える為に話すのだと考えています。
そして意を伝えた事で、何か生じるから話す意味があるのだと考えているのです。
ですが女性は話したことで何か生じるかどうかなどどうでもよく、ただ話したいから話すと言う感じなのです。
男性の脳と女性の脳は違うと言いますが、この話す内容の違いが、脳の違いではないかと私は考えています。
今は女性上位の時代であり、女性に嫌われると社会で生きて行けませんから、何とか女性の脳に合わせた会話が出来るように努力しています。
しかしどうしても意味のない会話が始まるとイライラしてしまい、話しの腰を折ってしまうことが良くあるのです。
起承転結がない話しに興味のない私は、女性上位の社会では生きづらくてしょうがありません。

起承転結について

起承転結とは文書の構成方法で物語を考える際の基本形です。起承転結の主な説明としましては、
・起
物語の始まりや全体の説明で例えば主人公や登場人物の紹介をしたりストーリーの主な舞台や状況の説明をしたりと読み手にわかるように物語を掲示する部分です。
・承
始まりの続きのことで起で述べている部分をさらに発展させる部分です。
・転
ストーリーで最も盛り上がり変化を起こす部分でもあります。承の部分で起こった出来事を解決する部分です。
・結
全体の結果のことでストーリーを締めくくる部分です。

このようになります。有名な物語である桃太郎ですと、
起→桃から桃太郎が生まれる
承→鬼ヶ島で鬼が暴れているのでサル・犬・キジの仲間を増やしていく
転→鬼ヶ島に行き仲間とともに鬼を退治する
結→鬼ヶ島にあった財宝を持ち村に帰る

これが起承転結の主な例になります。
起承転結で物語を構成する上で注意すべき部分は起承転結の配分は4等分にはしないことです。4等分してしまいますと起の部分が長すぎて読者が飽きてしまいます。全体的な配分としましては起と結は10%、承と転は40%が一番良いバランスです。今後物語や小説、作文などを書く上でこの起承転結をしっかり意識して書くとより素晴らしい文書が書けるようになりますよ。

」で始まる言葉一覧

2509.麒麟児  2505.琴線に触れる  2501.金言耳に逆らう  2513.金字塔  2429.軌を一にする  2423.切り口上  2449.気を配る  2469.気を回す  2489.気を許す  2444.気を利かせる  2464.気を吐く  2485.気を揉む  2481.気を持たせる  2493.金科玉条  2405.清水の舞台から飛び降りる  2477.木を見て森を見ず  2473.義を見てせざるは勇なきなり  2417.綺羅星のごとく  2439.気を落とす  2411.虚を衝く  2434.気を失う  2459.気を取り直す  2454.気を取られる  2497.謹厳実直  2316.共存共栄  2267.窮鳥懐に入れば猟師も殺さず  2399.毀誉褒貶  2393.漁夫の利  2284.窮余の一策  2204.九牛の一毛  2308.胸襟を開く  2356.器用貧乏  2339.興に乗る  2331.驚天動地  2222.九死に一生を得る  2221.金の草鞋で探す  2249.窮鼠猫を噛む  2379.玉石混淆(交)  2372.曲学阿世  2258.旧態依然  2386.虚心坦懐  2364.興味津津  2348.京の着倒れ、大阪の食い倒れ  2213.旧交を温める  2240.窮すれば通ず  2276.急転直下  2300.行間を読む  2231.牛耳る  2292.灸を据える  2324.兄弟は他人の始まり  2030.踵を返す  2042.気骨が折れる  2150.肝(胆)をつぶす  2066.木目が細かい  2102.肝(胆)が小さい  2126.気もそぞろ  2162.肝(胆)を冷やす  2185.杞憂  2195.牛飲馬食  2138.肝(胆)に銘じる  2003.牙を研ぐ  2054.きまりが悪い  2090.肝(胆)が据わる  2173.脚光を浴びる  2114.肝(胆)が太い  2016.牙を剥く  1991.気は心  1976.着の身着のまま  1961.昨日の敵は今日の友  1946.木に縁りて魚を求む  1848.気に障る  1915.気になる  1895.木に竹を接ぐ  1931.気に病む  1873.機に乗じる  1816.気に掛ける  1832.気に食わない  1745.木で鼻を括る  1799.気が入る  1727.狐の嫁入り  1709.狐につままれる  1763.喜怒哀楽  1781.軌道に乗る  1448.聞く耳を持たない  1586.喜色満面  1607.疑心暗鬼  1543.起承転結  1628.帰心矢のごとし  1565.机上の空論  1649.機先を制する  1691.狐と狸の化かし合い  1497.起死回生  1520.雉も鳴かずば打(撃)たれまい  1473.機嫌を取る  1670.奇想天外  1422.聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥  1396.危急存亡の秋  1223.危機一髪  1313.聞き捨てならない  1253.奇奇怪怪  1283.聞きしに勝る  1369.聞き耳を立てる  1342.鬼気迫る  1131.気が揉める  1193.木から落ちた猿  1099.気が滅入る  1000.気が回る  1066.気が向く  1033.気が短い  967.気が引ける  933.気が早い  826.気がない  753.気が遠くなる  675.気が付く  714.気が強い  637.気が散る  898.気が抜ける  863.気が長い  790.気が咎める  226.気が置けない  269.気が重い  598.気が小さい  312.気が利く  559.気が立つ  437.気が進まない  477.気が済む  518.気が急く  354.気が気でない  395.機が熟す  182.気が多い  138.気炎を揚げる  7.聞いて極楽見て地獄  94.気宇壮大  50.黄色い声