三日天下

【漢字】三日天下
【読み】みっかてんか
【意味】権力を握っている期間が短い。
【例文1】不正が明らかになったため三日天下で辞任に追い込まれた。
【例文2】日本の総理大臣は三日天下だ。
【例文3】妻が不在で三日天下だ。

三日天下をテーマにした記事

三日天下

三日天下とは、明智光秀織田信長を討って天下をとったが、十数日で豊臣秀吉に討たれたことから権力を握っている期間が、とても短いという使われ方をします。
ただ、昔は権力があるか無いかが大事だったかもしれませんが、現在では権力というのがあまり意味を持たなくなってきたというかピラミッド構造が機能しなくなってきたなと感じます。
ネットのおかげだと思うのですが、情報が一気に拡散され一度ばれた嘘はすぐに知られてしまいますし、いろんな人が自分の考えを発信することができ共有したりするので皆賢くなってきていると思うのです。
なので権力で押さえつけようというのはもう古くなってきましたね。
これからは威張っている人や人を騙して得た権力を持った人というよりも影響力というか人として面白そうな魅力的な人がもっと表だってくる気がします。
そうなると国も企業も今の体制では上手く回っていかなくなるので、あり方が変わっていくでしょうね。
そしてその変化は、より個人が自由になり動きやすくなっていくものになっていけばいいなと思っています。
成功や権力ばかりに目がいっている人は、これから生き辛くなってくると思うので何を人生の中で大事にしていくのかを考えていかなくてはならないですね。