「一つ穴の狢」とは、見た目は違うが、同じような性質や行動を取る者同士であることを表す慣用句

「一つ穴の狢」とは、見た目は違うが、同じような性質や行動を取る者同士であることを表す慣用句です。

意味

  • 見た目は違うが、同じような性質や行動を取る者同士であること。
  • 同じ悪事を行う者同士であること。

解説

「狢」は、狸や狐など、人を化かすといわれる動物の古語です。同じ穴に住む狢は、見た目こそ違えども、同じ性質を持つ者同士であることから、このことわざが生まれました。

類義語

  • 同じ穴の狢
  • 同類
  • 類友
  • 似た者同士
  • 烏合の衆

対義語

  • 善人
  • 正義の味方
  • 仲間
  • 同志

参考URL:
一つ穴の狢(ひとつあなのむじな)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書

例文

  • あの二人は、いつもつるんで悪さばかりしているので、一つ穴の狢だな。
  • 政治家たちは、皆同じ穴の狢で、国民のことを考えていない。
  • 彼らは、金儲けのことしか考えていない、一つ穴の狢どもだ。

補足

「一つ穴の狢」は、基本的に相手を批判的に捉える際に用いられる表現です。使用時には、相手との関係性や状況に配慮する必要があります。