名を汚す

【漢字】名を汚す
【読み】なをけがす
【意味】地位や名声の評判を悪くする。
【例文1】体罰問題でスポーツ強豪校の名を汚す。
【例文2】食中毒問題で店の名を汚す。
【例文3】不祥事問題で会社の名を汚す。

名を汚すをテーマにした記事

「名を汚す」ことのないように自分の名前の由来を探ろう

「名を汚す(けがす)」とは「名誉に傷をつける、評判を落とす」ことです。日本人の苗字はたくさんの種類があっておもしろいですね。NHKの「日本人のおなまえっ」という番組ではその様々ある苗字の由来やルーツを紹介してくれる番組です。たとえば「佐藤」とか「伊藤」などと「藤」のつく苗字の方は「藤原鎌足」が大元で、藤原氏の末裔であることが多いようです。伊勢に任務として下った藤原氏の一族が「伊藤」を名乗り、加賀に下った藤原氏の一族が「加藤」と名乗ったとか。また、渡辺姓の由来は平安時代のヒーロー渡辺綱(わたなべのつな)だそうです。平安時代源満仲は天下守護のために剣を二太刀作らせました。筑前国三笠郡の出山というところに住む唐の鉄細工が八幡大菩薩の加護を得て二尺七寸の太刀でありました。満仲が有罪の者を切らせたところ、髭まで切ったことから髭切と名付けたといわれる髭切の太刀がそのうちの一つです。髭切はその後、満仲の嫡子である源頼光の代に頼光四天王の筆頭である渡辺綱に貸し出され、綱が一条戻橋で鬼の腕を斬り、名を鬼丸と改められたと言われています。この他にも渡辺綱大江山紅葉狩りに来た人を次々襲っていた酒呑童子という鬼も退治したことで知られています。自分の名前の由来を調べることが名を汚さぬ第一歩かもしれませんね。

」で始まる言葉一覧

1432.名を売る 1529.名を捨てて実を取る 1482.名を借りる 1506.名を汚す 1593.名を馳せる 1677.南船北馬 1551.名を成す 1406.名を揚げる 1458.名を惜しむ 1572.名を残す 1635.難攻不落 1656.難色を示す 1614.難癖を付ける 1352.鳴り物入り 1293.奈落の底 1379.鳴りを潜める 1203.なめくじに塩 1233.名もない 1263.習うより慣れろ 1323.ならぬ堪忍するが堪忍 1109.涙に暮れる 1141.涙を呑む 1173.波に乗る 1077.波風が立つ 1011.怠け者の節句働き 1044.生兵法は大怪我の元 944.何食わぬ顔 978.名は体を表す 910.七転び八起き 780.七度尋ねて人を疑え 803.情けは人の為ならず 689.泣く子と地頭には勝てぬ 728.泣く子も黙る 651.なきにしもあらず 612.泣きっ面に蜂 839.梨のつぶて 767.なくて七癖 875.雪崩を打つ 451.名が売れる 368.長い目で見る 573.流れに掉さす 326.内憂外患 283.ない物ねだり 240.泣いても笑っても 532.名が通る 491.鳴かず飛ばず 409.長い物には巻かれろ 152.ない知恵を絞る 196.泣いて馬謖を斬る 64.内助の功 20.内柔外剛 108.ない袖は振れない