心にもない

【漢字】心にもない
【読み】こころにもない
【意味】本心ではない。
【例文1】心にもないお世辞を言って上司の機嫌を取る。
【例文2】心にもない言葉も時には必要だ。
【例文3】心にもない営業トークで話す。

心にもないをテーマにした記事

心にもない事を連発する心理

心にもないことって、相手の気持ちを考えずに発言する事と言う意見をよく目にしますが、私は暴言などではなく、本当は思ってないのに、その場の雰囲気だったり、自分を良く見せるために使われる事の方が多いような気がします。

友達に自分はすごく弱者で、何もできなくて、自信がなくて他人のする事なす事全て「いいなぁ。才能があって。私にはできない」と言う人がいます。
才能の部分はセンスがあってとか、行動力があってとか、若く見えてとか、その時々で入れ替わります。

でも、話していると、決して自分が劣っているとは考えていない事が垣間見えたり。自分はこんなに頑張ってるのと言う気持ちがありありと見える事が多いです。
ただただ、会話に「心にもないこと」を連発してしまうこの心理状態の本性はなんなのだろうと考えました。

心にもない事を言うのは決して虚言癖ではなく、相手を必要以上に褒める事によって自己防衛する気持ちが働いているのかもしれない。
こう理解していても、あんまり気持ちの良いものではないですけれど。

逆に、相手を思って、心にもない厳しい事を言ったり、心配で仕方ないのに、気にも止めていないような言葉を発することもあると思います。
こちらは前者と違って、自己防衛ではなく相手に対する思いやりだったりするので、違う意味での心にもない言葉になると思います。

心にもない事を言ってしまう後悔。

人を傷つけるような、心にもない事は冗談であっても言ってはいけないと思っている私。なぜなら、心にもない事を言う事こそ、自分の価値をさげる余計な一言だからです。そしてその一言は、価値を下げるだけでなく、何にもおもしろくないし、雰囲気悪くなるし、全く笑えません。そのため、親やお友達、会社の同僚、後輩…ここ何年も彼らにそんな事は言っていないと言いきれます。
それなのに、どうしても言ってしまう相手…それは主人です。主人とケンカするとき、どうしても言ってしまう心にもない事。
これほど余計な一言はないと思います。だいたいこの一言はケンカをヒートアップさせるし、相手を傷つけしまうし、自分も言ってしまったことの後悔と罪悪感でいっぱいになってしまいます。ごめんなさいと言ったところで、言ってしまった事実は変わらないし、実は心のほんのどこかの部分で、ほんの少しそう思っていたんじゃないかと自分を疑うし、本当に嫌です。
最後には仲直りして、心にもない事をぽろっと言った私は、どんな言葉を言ったかそのうち忘れてしまいますが、言われた方はそんな簡単に忘れられないですよね。どうして主人にだけは言ってしまうんだろう。とても大切な相手なのに。

」で始まる言葉一覧

2100.五里霧中  2043.ごまめの歯軋り  2067.小耳に挟む  2103.転ばぬ先の杖  2127.コロンブスの卵  2163.言語道断  2186.権兵衛が種まきゃ烏がほじくる  2139.怖いもの見たさ  2004.子どもの喧嘩に親が出る  2079.孤立無援  2055.胡麻を擂る  2031.子は三界の首枷  2151.子を持って知る親の恩  2174.今昔の感  2115.転んでもただでは起きない  2017.子はかすがい  1992.言葉を濁す  1978.小手調べ  1963.腰を抜かす  1948.腰を据える  1917.腰を上げる  1897.故事来歴  1801.腰が低い  1875.五十歩百歩  1840.この親にしてこの子あり  1818.腰が弱い  1851.虎視眈々  1834.腰巾着  1747.腰が重い  1729.古今東西  1765.腰が強い  1783.腰が抜ける  1711.心を許す  1450.心に残る  1588.心を奪われる  1609.心を鬼にする  1545.心を痛める  1630.心を砕く  1522.心許ない  1567.心を打つ  1693.心を引かれる  1672.心を込める  1499.心にもない  1499.心にもない  1475.心に触れる  1424.心に刻む  1651.心を配る  1398.心に掛ける  1371.心に浮かぶ  1225.こけら落とし  1315.心が弾む  1255.心が重い  1285.心が通う  1344.志を立てる  1101.黒白をつける  1133.小首を傾げる  1165.孤軍奮闘  1195.虎穴に入らずんば虎子を得ず  1068.極悪非道  1035.故郷へ錦を飾る  1002.声を呑む  969.呉越同舟  935.業を煮やす  829.紺屋の明後日  793.公明正大  756.弘法筆を選ばず  678.公平無私  717.弘法にも筆の誤り  640.郷に入っては郷に従え  900.功を奏する  601.荒唐無稽  865.紺屋の白袴  229.後悔先に立たず  315.厚顔無恥  272.口角泡を飛ばす  440.好事魔多し  562.口頭試問  480.後生畏るべし  357.巧言令色  521.広大無辺  398.孝行のしたい時分に親はなし  185.甲乙付け難し  53.紅一点  141.行雲流水  10.鯉の滝登り  97.光陰矢のごとし