鬼の目にも涙

【漢字】鬼の目にも涙
【読み】おにのめにもなみだ
【意味】普段怖い人でも、涙を流す時もある。
【例文1】厳格な父が孫が誕生した時だけは、鬼の目にも涙だったね。
【例文2】孫の成長には鬼の目にも涙だ。
【例文3】父が泣くのを初めて見た。鬼の目にも涙だね。

鬼の目にも涙をテーマにした記事

とてもきれいな鬼の目にも涙

小学生の頃とても仲良しの親友がいました。
親友は超がつくほどのおじいちゃん子で、おじいちゃんは親友であるわたしのこともとても可愛がってくれ、わたしも大好きなおじいちゃんでした。
実は親友のおじいちゃんはヤクザの親分だったらしく(大きくなって知りましたが)、わたしと親友がオイタをして絡まれた相手が怖いお兄さんたち だった時も、おじいちゃんが現れればそれだけで怖いお兄さんは平謝りで逃げていったし、新年明けて初めて親友の家に遊びに行った時にはコワモテのおじさんたちにたくさんのお年玉をもらって、お父さんとお母さんにびっくりされたし、
とにかく親友のおじいちゃんに関してはたくさんのエピソードがあります。
わたしたちにとってはどんなひとであれ、ただの優しいおじいちゃんでしかなく、今でも大好きな人です。
でもたった一度だけ、おじいちゃんの涙を見たことがあります。
おじいちゃんはガンに侵されてしまい、親友とわたしは毎日毎日お見舞いに行きました。
ある日、おじいちゃんは「もう一緒に遊ばれへんかもわからんなぁ・・・」とポロポロと涙をこぼしたのです。
まさに鬼の目にも涙で、それはとてもとてもきれいな涙でした。
親友と「なんでやねん!」「じーちゃん今ボケるとこちゃうで!」とこちらもまた泣きながら突っ込むのでした。
おじいちゃんは間もなく天国へと旅立ちました。

鬼の目にも涙とは

「鬼の目にも涙」とは、冷酷で無慈悲な人間でさえもときには憐れみや他人の苦しみや悲しみに同情して目に涙を流すこともあることのたとえです。
このことわざは鬼は人から恐れられている怖い存在です。そんな鬼でも同情の心から涙を流すこともあることから生まれた句で、古くから伝えられている言葉でもあります。それは江戸時代までさかのぼり庶民から恐れられていた悪代官でも年貢の取り立てに情をかけたり高利貸しが憐れみの心で証文を破ったりとの時に江戸庶民から「鬼の目にも涙」と言われていたそうです。
元々は悪代官などの悪いイメージのある方を鬼としていましたが、現代では悪い人でなくても怖い人や厳しい人を鬼として使うこともあります。
例えば、
「部活な監督はいつも厳しくて怖い人だったけど、自分たちの引退試合で負けた時は涙ぐんでいたなんてまさに鬼の目にも涙だね。」
「昔は周りにも恐れられているような親だったけど母親が亡くなった時は涙をみせていた。鬼の目にも涙だな。」などと言った使い方が出来ます。
このように鬼の目にも涙の鬼とは現在では冷酷で無慈悲とまではいかなくても怖い人、厳しい人であれば鬼と表現することもあります。どんな人でも涙をを流すことはあるということですね。

」で始まる言葉一覧

1989.恩を売る  1974.恩を仇で返す  1959.恩に着る  1944.恩に着せる  1929.音頭を取る  1913.温故知新  1893.尾を引く  1871.折り紙付き  1846.親はなくとも子は育つ  1830.親の光は七光  1814.親の脛をかじる  1761.親方日の丸  1743.重荷を下ろす  1725.思う壺  1707.思うこと言わねば腹膨る  1689.思い立ったが吉日  1668.溺れる者は藁をもつかむ  1647.尾ひれを付ける  1626.お百度を踏む  1605.帯に短し襷に長し  1584.お鉢が回る  1563.十八番  1541.尾羽うち枯らす  1518.鬼も十八、番茶も出花  1495.鬼の目にも涙  1471.鬼の首を取ったよう  1420.鬼の居ぬ間に洗濯  1394.鬼に金棒  1340.鬼が出るか蛇が出るか  1311.同じ釜の飯を食う  1281.同じ穴の狢  1251.音に聞く  1221.男は度胸、女は愛嬌(敬)  1191.男心と秋の空  1161.お茶を濁す  1129.お茶の子さいさい  1097.小田原評定  1064.お高くとまる  1031.押しも押されもしない  1009.親思う心に勝る親心  998.押しが強い  965.教えの庭  931.お先棒を担ぐ  896.驕る平家は久しからず  861.後(遅れ)れを取る  824.臆面もなく  788.おくびにも出さない  751.奥歯に物が挟まる  712.屋上屋を架す  673.傍(岡)目八目  635.お株を奪う  596.陸に上がった河童  557.大目に見る  516.大目玉を食う  475.大見得を切る  435.大風呂敷を広げる  393.大船に乗ったよう  310.大手を振る  267.大きな口をきく  224.大きな顔をする  180.大男総身に知恵が回りかね  136.おうむ返し  92.王手を掛ける  48.負うた子に教えられて浅瀬を渡る  5.老いては子に従え