八方塞がり

【漢字】八方塞がり
【読み】はっぽうふさがり
【意味】どの方向に向かっても不吉な結果を招く。
【例文1】八方塞がり除けのご祈願に行く。
【例文2】会社経営が八方塞がりに陥る事態になる。
【例文3】会社を辞めるか降格するか八方塞がりだ。

八方塞がりをテーマにした記事

八方塞がりの意味と由来と対策

何をどうしようとも解決する方法がない状態を、「八方塞がり」と言います。
この言葉は陰陽道に由来するもので、八方は八方位、東西南北とその間の南東・南西・北西・北東のことです。
好ましくないひとつの方位を避けるだけならば方違え(かたたがえ)で済みますが、八方位全てがダメではどうしようもありません。
八方塞がりはその人の年齢によって迎えることになり、男女とも共通で数え年10・19・28・37・46・55・64・73・82歳と9年おきになります。
対策としては、八方除けと呼ばれる御祓いを神社でしてもらう、厄除けの御守りを身につけるなどの方法があります。
厄年はコレとは別で、男性の場合で本厄が25・42・61歳、女性の場合は本厄が19・33・37・61歳です。
さらに後厄が本厄の次の年に来るのでそちらも注意するべきかもしれませんが、実際のところはどうでしょう。
思い当たるような災いが降りかかることもなく既に無事通過してしまっている方も多いはずです。
厄年の集団を大勢集めたとしても必ず事件や事故が起きるものではありません。
そもそも大きな災害などがその人の年齢とは無関係なのは明らかです。
つまるところ厄を予見して避ける事はかなり難しいように思えます。
不意に遭遇する事件事故から身を守り、平穏無事を願い注意深く生きることを日常的に心がけことが大切です。

いよいよ八方塞がり。覚悟を決めるときがやってきた

会社を退職し、無職無収入となりました。退職理由は、会社の組織に嫌気が差したためと、自分のスキルを生かして仕事をしたいというものでした。本来であれば、在職中に次の仕事なりを見つけて、スムーズに収入が途絶えないように計画するべきだったのですが、会社でトラブルが起き、急に退職することとなりました。何かやってしまったわけではありません。人間関係で少し起きただけで。
失業の状態となりましたが、長年同じところに勤めていたため、たっぷりと失業保険が支給されます。最初の1年は就職活動はするけど、余程条件のいいところでなければ行かず、勉学に励むつもりでした。手に職を持とうと考えました。しかし、そんな甘い考えは神様はお見通しだったらしく、努力不足により資格試験は不合格。就職活動に専念することになりました。起業も考えたのですが、そのための資格試験だったということもあり、一旦は就職しようと考えました。
しかし、なかなかよい就職口は見つからず、あれよあれよと失業保険の期限も切れ、本当の無収入状態になりました。しばらくは貯金を崩しつつ何とかやってきましたが、それも限界があります。何をするにも先立つ収入がなければ話になりません。まさに八方塞がり。条件のいいところと言わず、どこでも雇ってくれるところに飛び込むしかないのかなと、覚悟を決めようと思っています。

」で始まる言葉一覧

2554肺腑を衝く 2318半畳を入れる 2270針の穴から天をのぞく 2261張り子の虎 2286歯を食い縛る 2207腹を抱える 2310半死半生 2358話半分 2302万事休す 2333パンドラの箱 2225腹を決める 2243腹を割る 2252波瀾(乱)万丈 2366鼻つまみ 2350畑違い 2342裸一貫 2216腹を固める 2278針のむしろ 2234腹を探る 2294反旗を翻す 2326半信半疑 2094腹が立つ 2047波紋を投げる 2023幅を利かせる 2143腹の皮がよじれる 2107腹が減っては戦ができぬ 2167腹八分に医者いらず 2198腸が煮えくり返る 2131腹に据えかねる 2009歯の根が合わない 2059早起きは三文の徳 2071腹が黒い 2035羽目を外す 2083腹が据わる 2155腹の虫が治まらない 2178腹も身の内 2119腹に一物 1997歯の抜けたよう 1968歯に衣着せぬ 1823鼻の下が長い 1806鼻に付く 1922鼻を明かす 1953花を持たせる 1938鼻を突く< 1883花も実もある 1860鼻持ちならない 1839花道を飾る 1904花より団子 1983羽を伸ばす 1752鼻で笑う 1770花に嵐 1788鼻に掛ける 1734鼻であしらう 1716鼻っ柱をへし折る 1433八方塞がり 1530鼻息をうかがう 1483鳩が豆鉄砲を食ったよう 1507鼻息が荒い 1698鼻っ柱が強い 1594話上手は聞き上手 1678話を付ける 1552鼻が高い 1407八方美人 1459破天荒 1573話が弾む 1636話に花が咲く 1657話の腰を折る 1615話にならない 1353這っても黒豆 1295八面六臂 1380発破をかける 1205バスに乗り遅れる 1235破竹の勢い 1265蜂の巣をつついたよう 1325ばつが悪い 1112馬耳東風 1144箸にも棒にも掛からない 1175恥の上塗り 913白髪三千丈 1014博覧強記 1080化けの皮がはがれる 981薄氷を踏む 1047薄利多売 947白眉 693白紙に戻す 732白砂青松 654白眼視 616箔が付く 770拍車を掛ける 878伯仲 842拍手喝采 201はかが行く 245場数を踏む 577馬脚を露す 288歯が立たない 537掃き溜めに鶴 331馬鹿とはさみは使いよう 496歯ぎしりをする 371馬鹿に付ける薬はない 414馬鹿の一つ覚え 157歯が浮く 69背水の陣 25敗軍の将は兵を語らず 113這えば立て、立てば歩めの親心