鬼の居ぬ間に洗濯

【漢字】鬼の居ぬ間に洗濯
【読み】おにのいぬまにせんたく
【意味】怖い人やうるさい人がいない時にゆっくりくつろぐ様子。
【例文1】今週は口うるさい上司が出張だ。鬼の居ぬ間に洗濯できるな。
【例文2】今夜は妻が不在で鬼の居ぬ間に洗濯だ。
【例文3】部長が不在で鬼の居ぬ間に洗濯だ。

鬼の居ぬ間に洗濯をテーマにした記事

「鬼の居ぬ間に洗濯」って、何を洗濯するの?

この間の土曜日、いつもの飲み仲間といつもの居酒屋で一杯やっていた時、その友人がこんなことを口にしました。
「今日はカミさんが実家に用があって泊りがけで出かけたから、2日間のんびりできる。まさに、鬼の居ぬ間に洗濯だよ」
「それはよかったな」と答えて、ふと、「ところで、何を洗濯するの?」と不思議に感じました。このことわざはよく使われますし、私自身使ったこともあると思います。けれど、これまで一度も「洗濯」について考えてみたことはありません。
文字通りに解釈すれば、「怖い人や厳しい管理者がいないから、衣服を洗濯する」ということになりますが、これは意味が解りません。友達の場合、うるさい奥さんがいないから、奥さんの代わりに洗濯をするというな、変な意味になってしまいます。
そのことを友達に指摘すると、「たしかに不思議なことわざだね」と言い、「調べてみよう」ということになりました。
今はスマホですぐに調べられるから、こんな時、便利です。調べて「なるほど」と納得。洗濯するものは「命」だとわかったからです。
温泉旅行などに行くことを、よく「命の洗濯」と言いますが、「鬼の居ぬ間に洗濯」も、命の洗濯をして、ゆっくりくつろぐという意味でした。
この歳まで知らずに来ましたが、このことわざ、私のようによくわからないまま使っている人は少なくないのではないでしょうか。

」で始まる言葉一覧

1989.恩を売る  1974.恩を仇で返す  1959.恩に着る  1944.恩に着せる  1929.音頭を取る  1913.温故知新  1893.尾を引く  1871.折り紙付き  1846.親はなくとも子は育つ  1830.親の光は七光  1814.親の脛をかじる  1761.親方日の丸  1743.重荷を下ろす  1725.思う壺  1707.思うこと言わねば腹膨る  1689.思い立ったが吉日  1668.溺れる者は藁をもつかむ  1647.尾ひれを付ける  1626.お百度を踏む  1605.帯に短し襷に長し  1584.お鉢が回る  1563.十八番  1541.尾羽うち枯らす  1518.鬼も十八、番茶も出花  1495.鬼の目にも涙  1471.鬼の首を取ったよう  1420.鬼の居ぬ間に洗濯  1394.鬼に金棒  1340.鬼が出るか蛇が出るか  1311.同じ釜の飯を食う  1281.同じ穴の狢  1251.音に聞く  1221.男は度胸、女は愛嬌(敬)  1191.男心と秋の空  1161.お茶を濁す  1129.お茶の子さいさい  1097.小田原評定  1064.お高くとまる  1031.押しも押されもしない  1009.親思う心に勝る親心  998.押しが強い  965.教えの庭  931.お先棒を担ぐ  896.驕る平家は久しからず  861.後(遅れ)れを取る  824.臆面もなく  788.おくびにも出さない  751.奥歯に物が挟まる  712.屋上屋を架す  673.傍(岡)目八目  635.お株を奪う  596.陸に上がった河童  557.大目に見る  516.大目玉を食う  475.大見得を切る  435.大風呂敷を広げる  393.大船に乗ったよう  310.大手を振る  267.大きな口をきく  224.大きな顔をする  180.大男総身に知恵が回りかね  136.おうむ返し  92.王手を掛ける  48.負うた子に教えられて浅瀬を渡る  5.老いては子に従え