闇夜に目あり

【漢字】闇夜に目あり
【読み】やみよにめあり
【意味】闇の中でも見えるという意味。つまり悪事を働いてもいつかバレるという戒め。
【例文1】闇夜に目ありで誰が見てるのかわからない。
【例文2】泥棒がようやく捕まった。闇夜に目ありだ。
【例文3】街中の防犯カメラが闇夜に目ありだ。

闇夜に目ありをテーマにした記事

闇夜に目ありとはよく言ったもので悪い事はしない方が身のためです

誰にも知られないように悪事を働いたとしても、闇夜に目ありとは言ったもので、いつかは必ず露見してしまうことでしょう。なにせ悪事を働く人というのは、悪事を複数回繰り返すような人が多いですし、そのように何度も悪事を働いていたら、どこかで誰かに見られてしまうのは当たり前と言えるかもしれません。何回もやっていれば、それを人に見られる確率が上がることは確かでしょう。

それに最近は昔と違って、街中にも監視カメラがつけられるようになり、何か問題があれば監視カメラの映像から、犯人を割り出すことも可能になりました。しかも監視カメラにも様々なタイプがあり、見た目は文房具にしか見えない物まで世に出されるようになったのです。このように誰がいつどこで見ているか分からない社会で、誰にも知られないよう悪事を働こうとするのは、かなり難しいと考えられます。連日様々なニュースを見ていると、技術はここまで進歩したのかと思わず唸ってしまうほどです。

そもそも悪事を働くのは良いことではありません。悪いことをすればその分だけ、誰かが悲しんだり苦しんだりするでしょう。また、悪事を行った本人が罪悪感に苦しめられる場合だってあります。闇夜に目ありとも言うくらいですし、悪い事はしない方が身のためですね。

」で始まる言葉一覧

2544.病上手に死に下手 1867.八百長 1889.野次馬 1909.藪医者 1415.止むを得ない 1466.遣らずの雨 1490.槍玉に挙げる 1441.矢も楯もたまらず 1333.闇夜に鉄砲 1274.闇から闇に葬る 1244.山を越す 1388.止むに止まれぬ 1214.山を掛ける 1361.闇夜に目あり 1304.闇夜に提灯 1184.山高きが故に貴からず 1153.山が見える 1023.病膏肓に入る 990.藪をつついて蛇を出す 1056.病は気から 1089.病は口より入り、禍は口より出ず 922.藪から棒 956.吝かでない 815.野に下る 742.柳の下にいつもどじょうはいない 703.柳に雪折れなし 626.矢でも鉄砲でも持ってこい 779.柳は緑、花は紅 887.やはり野に置けれんげ草 852.矢の催促 211.焼きを入れる 341.焼け野の雉子夜の鶴 464.安物買いの銭失い 424.野次を飛ばす 587.躍起になる 298.焼け石に水 547.痩せの大食い 506.痩せても枯れても 381.焼け木杭に火が付く 167.焼き餅を焼く 79.矢面に立つ 123.焼きが回る 35.刃に掛かる 1121.山が当たる