三顧の礼

【漢字】三顧の礼
【読み】さんこのれい
【意味】中国の三国時代に将軍が諸葛亮を迎えるために三度も出向いてお願いしたという故事に由来する。才能ある人物を得るには、地位の高い人が自ら出向いてお願いするのがよい。
【例文1】三顧の礼で迎えられて恐縮です。
【例文2】引き抜きに三顧の礼で出向かう。
【例文3】三顧の礼でも獲得したい人物。

三顧の礼をテーマにした記事

三顧の礼三国志から

私は漫画を昔からよく読んでいる、最近は読んではいないが横山光輝先生の三国志に一時期はまっていました。最近では日経新聞電子版のCMに諸葛亮孔明が「ドーン!」とか言っているあのキャラが横山光輝先生の三国志である。
昔の漫画なので非常にシンプル、故にわかりやすいのが特徴であります。
色々なシーンがあるなか、三顧の礼のシーンが勿論あります。
劉備関羽張飛が軍師として諸葛亮孔明を仲間にするための工程が三顧の礼の元祖であります。
漫画では劉備関羽張飛の3人が度々諸葛亮孔明を訪ねるが不在で、不在の理由が少し理不尽なのでキレやすい張飛が「劉備のアニキ、孔明なんかもういいじゃねえか!」と思っているのを関羽がたしなめて、しかし関羽も不満があっても劉備が「孔明は必要なのだ」.と我慢して孔明に会うのを待つ・・という下りが面白く感じました。
諸説あるのですが、孔明は自分が劉備にとって本当に必要なのかを確かめる為にわざと不在になって、再びやってきたら「ああ、私は劉備にとって非常に必要なのだ」と納得するために不在だったと言われています。
高飛車な態度かもしれませんが、自分の判断が世界を左右してしまう不安もあった故にそういう判断をしたと思うと凄いと思います。

三顧の礼に学ぶ仁義

三顧の礼三国志の中から生まれた言葉ですが、これは仁義の基本ともいえるべきものと考えています。
三顧の例は、蜀という国をその後に作る劉備関羽張飛の義兄弟が天才軍師の諸葛孔明を仲間に引き入れようと行った行動です。
今までは力押しで戦を行ってきた劉備たち。ある時、戦略というものの重要性に気づき、そのような作戦を立てられる人間の必要性を考えます。そこで白羽の矢が立ったのが孔明。3人は孔明を訪ね仲間に引き入れようとしますが、留守であったりして会うことはかないませんでした。3度目にして孔明と面会。その時劉備は40歳の王族の出。孔明は20歳の片田舎に住む若者。この身分を考えない劉備の行動が孔明の心を打ち、仲間になりました。
今の日本にここまでしてくれる人はいるのでしょうか。どうしても会いたい人(恋人とかなら違うかもしれませんが)に対してここまでの対応ができるでしょうか。自分がこの三顧の礼を行う立場だと考えたときに、自分の地位を考えずここまで熱心に行動する人間がどれだけいるのでしょう。
人を愛し、優しく接する仁の心、それに答えるための義の道。人に優しくされたのであれば、相手にも優しさをお返ししてあげましょう。それによって良好な人間関係が築かれるのだと信じています。

」で始まる言葉一覧

1898.猿真似 1876.猿知恵 1852.猿芝居 1546.賛否両論 1523.三拍子揃う 1500.三拝九拝 1476.残念無念 1451.三年飛ばず鳴かず 1425.三人寄れば文殊の知恵 1399.三度目の正直 1372.山椒は小粒でもぴりりと辛い 1226.三顧の礼 1316.三尺下がって師の影を踏まず 1256.三三五五 1286.山紫水明 1345.三十六計逃げるに如かず 1134.去る者は日々に疎し 1166.触らぬ神に祟りなし 1196.三寒四温 1069.猿も木から落ちる 1036.座右の銘 1003.鯖を読む 970.里心が付く 901.五月の鯉の吹き流し 936.察しが付く 830.さじを投げる 794.砂上の楼閣 757.座して食らえば山も空し 679.酒は百薬の長 718.雑魚の魚交じり 602.先んずれば人を制す 866.左遷 641.策士策に溺れる 853.去る者は追わず、来る者は拒まず 889.才子多病 230.再三再四 316.才色兼備 481.先を争う 273.才子才に倒れる 563.先を越す 441.賽は投げられた 358.細大漏らさず 522.鷺を烏と言いくるめる 399.采配を振る 186.幸先がいい 54.細工は流々仕上げを御覧じろ 142.最期を遂げる 98.歳月人を待たず