前車の轍を踏む

【漢字】前車の轍を踏む
【読み】ぜんしゃのてつをふむ
【意味】前の人と同じ失敗を繰り返すこと。
【例文1】会社を引き継いだものの前車の轍を踏まないか不安だ。
【例文2】会社の信用を失い前車の轍を踏む。
【例文3】前車の轍を踏み、改善する。

前車の轍を踏むをテーマにした記事

前車の轍を踏むときだってあって良い

生きていれば何事にも失敗はつきものです。失敗は成功の基とも言うくらいですからね。ときには前車の轍を踏むこともあるかもしれません。もし仕事で、前の人がやってしまった失敗と同じ失敗を、自分がやってしまったとしたら、もしかすると上司から「前例があったのになぜ失敗をしたのか」と怒られることだって無きにしも非ずでしょう。

そうは言っても、自分の人生ですら同じ失敗を繰り返してしまうことがありますよね。それなのに他人と同じ失敗をしてしまうことがあるのも、仕方ないのではないでしょうか。もしも同じ失敗を繰り返してしまうなら、自分なりに対策を取ることだってもちろん必要です。その対策のおかげで、同じ失敗をしなくなったという人もいるに違いありません。失敗をしない人生なんてどこにもありません。重大な失敗が続くようであれば、それは強固な対策を考えるべきだと思いますが、生きていれば失敗はつきものです。

反対に、成功をしない人生だってありません。誰かしら何かしらで成功した経験があるはずです。もしかするとその成功は、たくさんの失敗の上で生まれたものかもしれません。前の自分と同じ失敗をしたり、前の人と同じ失敗をすることもあるかもしれませんが、人生は失敗だらけではないと思います。

」で始まる言葉一覧

千里の馬も伯楽に逢わず  千慮の一失  千里眼  千里の道も一歩から  善は急げ  前門の虎、後門の狼  千変万化  船頭多くして船山に上る  前人未到(踏)  全知全能  前代未聞  栴檀は双(二)葉より芳し  先手必勝  千載一遇  千差万別  前車の轍を踏む  千秋楽  前後不覚  千客万来  背を向ける  世話を焼く  背に腹はかえられない  狭き門  絶体絶命  切歯扼腕  是是非非  切磋琢磨  堰を切る  節を折る  切羽詰まる  世間の口には戸は立てられない  青天の霹靂  急いては事を仕損じる  席の暖まる暇もない  清濁併せ呑む  正正堂堂  赤貧洗うがごとし  清廉潔白  関の山  青天白日  誠心誠意  晴耕雨読  聖人君子  青雲の志  精神一到何事か成らざらん