千差万別

【漢字】千差万別
【読み】せんさばんべつ
【意味】どんな事でも種類や考え方がたくさんある。
【例文1】家族の愛情表現はそれぞれ千差万別だ。
【例文2】子どもの教育法は千差万別だ。
【例文2】作業のやり方は千差万別だ。

千差万別をテーマにした記事

人の好みも「千差万別」

よく年末になると、お笑いの賞レースが開催されることが多いですよね。その賞レースに優勝したお笑いコンビは大体、次の年からメディアで活躍されることが多くなるのが定番になりつつあります。

しかし、こういったお笑いの賞レースが開催されると決まり切って、優勝したコンビに対する批判が出ることも恒例になっている気がします。個人的にこういった批判が生じるのも仕方がないと思っています。

なぜなら、お笑いには好みがあり、一人ひとり好みが違ってくるので、優勝するコンビに対する批判が出ることは当たり前なのではないかと普通に考えたら理解できると思います。「千差万別」という言葉があります。まさにお笑いの好みも千差万別ではないでしょうか。意味は皆さん既に知っている通り、物事には様々な違いがあるという意味ですよね。

ですので、お笑いの好みも人それぞれ違ってくるので、批判が出ることは当たり前です。お笑いに限らずとも、色々な物事にもこのことが当てはまると思います。お笑いや芸術のような明確かつ客観的な指標が存在しないものに関しては、基本的には賞レースやコンテストのようなものはあまりそぐわないのかなと個人的には感じたりもしていますが、これからもお笑いや芸術の賞レースやコンテストは続くでしょう。

」で始まる言葉一覧

千里の馬も伯楽に逢わず  千慮の一失  千里眼  千里の道も一歩から  善は急げ  前門の虎、後門の狼  千変万化  船頭多くして船山に上る  前人未到(踏)  全知全能  前代未聞  栴檀は双(二)葉より芳し  先手必勝  千載一遇  千差万別  前車の轍を踏む  千秋楽  前後不覚  千客万来  背を向ける  世話を焼く  背に腹はかえられない  狭き門  絶体絶命  切歯扼腕  是是非非  切磋琢磨  堰を切る  節を折る  切羽詰まる  世間の口には戸は立てられない  青天の霹靂  急いては事を仕損じる  席の暖まる暇もない  清濁併せ呑む  正正堂堂  赤貧洗うがごとし  清廉潔白  関の山  青天白日  誠心誠意  晴耕雨読  聖人君子  青雲の志  精神一到何事か成らざらん