千秋楽

【漢字】千秋楽
【読み】せんしゅうらく
【意味】相撲・演劇の最終日。
【例文1】満員御礼で千秋楽を終えた。
【例文2】いよいよ千秋楽を迎える。
【例文3】優勝で千秋楽を飾る。

千秋楽をテーマにした記事

相撲の「千秋楽」はいつも大入り満員

千秋楽とは①舞のない雅楽曲のひとつ②能「高砂」の終わりにある文句。付け祝言に用いる③演劇、相撲などの興行の最終日に千秋楽をうたったことから、最終日のことを指す④最後、終わりを意味します。
今では歌舞伎や演劇、相撲の最終日をしての千秋楽が一番目にすることが多いですね。役者、力士にとっても千秋楽まできちんと務めることがどんなに重要で、大切なことかが、千秋楽を無事に終えた日のインタビューの様子などで伝わってきます。どんなに相撲の人気が落ちているときであっても千秋楽は大入り満員でした。今は相撲人気も順調に伸びているようです。それも新記録を目指してひたむきに頑張っている白鵬関や、小さい身体ながら技のキレをみせる日馬富士関、ちょっと駄々っ子みたいな表情が女心をくすぐる鶴竜関、久しぶりの日本人横綱稀勢の里関たち、4人の横綱が人気をけん引していること。宇良関のように素人が観ても楽しい相撲をとったり、琴奨菊のようにイナバウアーを思わせる姿勢を見せてくれたりと、それぞれの力士が個性を表現しても許されるようになったからではないでしょうか。ひと昔前の力士は余計なことは一切言わない。目立つことをすれば親方から注意を受けるといった堅苦しさがありました。今は、私たち素人目線でも楽しめる相撲になってきた気がします。相撲道に精進しつつ、楽しませてくれる力士の皆さんには頑張って欲しいと思います。

」で始まる言葉一覧

千里の馬も伯楽に逢わず  千慮の一失  千里眼  千里の道も一歩から  善は急げ  前門の虎、後門の狼  千変万化  船頭多くして船山に上る  前人未到(踏)  全知全能  前代未聞  栴檀は双(二)葉より芳し  先手必勝  千載一遇  千差万別  前車の轍を踏む  千秋楽  前後不覚  千客万来  背を向ける  世話を焼く  背に腹はかえられない  狭き門  絶体絶命  切歯扼腕  是是非非  切磋琢磨  堰を切る  節を折る  切羽詰まる  世間の口には戸は立てられない  青天の霹靂  急いては事を仕損じる  席の暖まる暇もない  清濁併せ呑む  正正堂堂  赤貧洗うがごとし  清廉潔白  関の山  青天白日  誠心誠意  晴耕雨読  聖人君子  青雲の志  精神一到何事か成らざらん