「顎が落ちる」とは、日本語の慣用句で、非常に驚いたり、あきれたりするという意味

「顎が落ちる」とは、日本語の慣用句で、非常に驚いたり、あきれたりするという意味です。

語源

驚きのあまり、口を開けていたら、顎が落ちてしまうほどだという意味から、「顎が落ちる」という表現が生まれました。

類義語

  • 驚く
  • びっくりする
  • 仰天する
  • 呆れる
  • 目を丸くする
  • 信じられない
  • 言葉を失う

対義語

  • 落ち着いている
  • 冷静
  • 平然
  • 無関心

例文

  • 宝くじに当たったと聞いて、顎が落ちそうになった。
  • あの人の行動には、いつも顎が落ちる。
  • 彼のスピーチは素晴らしく、観客は皆顎が落ちていた。

参考URL:
第246回 「あごが落ちる」と「あごが外れる」 - 日本語、どうでしょう?

使い方

「顎が落ちる」は、以下のように使われます。

  • あまりにも予想外の展開に、観客は皆顎が落ちた。
  • 彼は冗談で言ったのかと思って、思わず「えっ?」と聞き返した。まさか本当だとは信じられなかった。
  • あの人の話はいつも面白いので、聞いているうちに自然と笑顔がこぼれてしまう。