赤の他人

【漢字】赤の他人
【読み】あかのたにん
【意味】まったく縁のない他人をいう。
【例文1】夫婦と言えど元々は赤の他人だ。
【例文2】見て見ぬフリなんて所詮赤の他人だ。
【例文3】似ているが、赤の他人だ。

赤の他人をテーマにした記事

コミュニケーション力があれば赤の他人と結婚へと至る事も容易です

昔は結婚適齢期と呼ばれる年齢が男女にあり、その年齢になるとほとんどの人が、結婚を果たしていました。
ですが今の時代は、結婚適齢期と言う言葉が死語となりつつあり、かつて結婚をしていた年齢になっても、独身のままでいる人が増えています。
結婚よりも独身でいた方が、色々と自由が利くので、結婚をしない人が増えているのだと思われます。
にもかかわらずここ最近は、結婚相談所などの結婚をサポートする業界がにぎわっているのです。
若い内は結婚しなくても良いと思っていても、それ相応の年ともなると、心に焦りが生じたり、周りにせかされたりして、結婚を考える人が増えているようです。
携帯電話の普及により、人と直接コミュニケーションを取る事を苦手としている人が増えています。
それで自力では結婚相手を見つける事が出来ず、結婚相談所などの力を借りているようです。
しかし結婚相談所と言えども、相手は赤の他人と同じです。
ですからコミュニケーションが苦手では、結婚相談所を利用しても、結婚へと至る事は難しいと言えます。
そこで結婚を考えたらまず、コミュニケーション力を鍛える必要があります。
コミュニケーション力を鍛えさえすれば、何も結婚相談所など利用しなくても、そこら辺の赤の他人とでさえ結婚へと至る事は可能です。
安に人の力を借りるのではなく、自分を変えていくように努力する事が大切です。

赤の他人と一緒に暮らす夫婦生活の難しさ

赤の他人とは、血のつながりのない、全くの他人のことをあらわします。
「自分とは全然関係ない」といった、ちょっと冷たいニュアンスを感じますよね。
ところが、そんな赤の他人と一緒に一つ屋根の下で暮らすのが、結婚生活なのです。
結婚して一緒に暮らしてみて初めて気づく色々な違い。
食事をするときにテレビをつけるかつけないか、食事中に飲み物を飲むか食後に飲み物を飲むか、洋服を脱ぐときは裏返すかそのままにするか、などなど。
細かいことですが、家の中での行動における自分の常識=育ってきた家庭の常識、なので、育ってきた環境が違えば当然常識も違ってきます。
「自分の中では当たり前のことでわざわざ注意するまでもない家の中のルール」が赤の他人の配偶者によってことごとく破られていくのです。
なんで食事中にテレビを見るの?そんなの行儀が悪いじゃない!食事中はテレビを見ないのが常識!と言っても、食事中はテレビを見ながら食べていた家庭で育った人にとっては真逆。なんで食事中にテレビを見たらいけないの??となりますよね。
家庭内での常識が一人一人違うので、「そんなの常識じゃない!」は通用しないのです。新婚のうちは、これを何度も繰り返すことになります。なかなかストレスがたまりますね。
一緒に暮らして何度も何度も衝突をして、時間をかけて新しくその夫婦の家のルールができあがっていくのですね。

赤の他人

縁もゆかりもない全くの他人に対して言う表現が「赤の他人」です。「二人は瓜二つの顔だが、実は赤の他人同士である」という具合に、素性が関係がないことを強調している表現であります。それまで旧知の仲だった間柄だった同士が仲違いをしてしまい、関係が修復不能に陥った時「あいつとは最早赤の他人だ」と決別の意を表すつもりで言ってしまう場合がある様です。お互いに感情が先に立ち冷静さを失ってしまい、勢いで言ってしまい後で後悔する事もままあります。全くの初対面に赤の他人というと少し希薄な印象を持たれ易く、意図的に使用を避ける時もあります。「赤」というのが仏前にお供えする浄水「閼伽(あか)」というのが語源になっているのも、そう連想させる要因になっているのでしょう。冷たい態度を連想させてしまうのが「赤の他人」という表現であり、身内からもしそんな言葉を浴びせられたら相当相手を怒らせたと思った方が良いと思います。それ位厳しい表現であり、身内や知り合いには出来れば使用したくない表現と言えます。自分にとって何の支障もない他人であれば、どうという事もないかもしれませんが、やはり少しでも見知った相手には言われたくないし使いたくない言葉なのです。

「あ」で始まる言葉一覧

2562.明日の百より今日の五十  2539.頭を捻る  2466.塩梅  2461.足手まとい  2456.朝飯前  2451.青二才  2446.案の定  2441.暗中模索  2436.案ずるよりも産むが易し  2431.安心立命  2426.暗礁に乗り上げる  2420.泡を食う  2414.合わせる顔がない  2408.蟻の這い出る隙もない  2402.蟻の歩み  2396.蟻の穴から堤も崩れる  2376.雨降って地固まる  2353.網を張る  2336.雨垂れ石を穿つ  2390.嵐の前の静けさ  2383.過ちて改めざる、これを過ちという  2369.飴と鞭  2361.雨が降ろうが槍が降ろうが  2345.天の邪鬼  2329.甘く見る  2321.甘い汁を吸う  2313.油を絞る  2305.油を売る  2297.脂が乗る  2289.虻蜂取らず  2281.危ない橋を渡る  2273.阿鼻叫喚  2264.あばたもえくぼ  2255.穴の開くほど見つめる  2246.穴があったら入りたい  2237.穴が開く  2228.後を引く  2219.跡を絶たない  2210.後は野となれ山となれ  2201.後の祭り  2192.後足で砂をかける  2182.後味が悪い  2170.羹に懲りて膾を吹く  2159.暑さ寒さも彼岸まで  2147.悪口雑言  2135.呆気に取られる  2123.圧巻  2111.あちら立てればこちらが立たぬ  2098.当たるも八卦当たらぬも八卦  2087.当たらずといえども遠からず  2075.新しい酒は新しい革袋に盛れ  2063.頭をもたげる  2051.頭を冷やす  2039.頭を撥ねる  2027.頭を抱える  2020.頭の黒い鼠  2010.頭の上の蠅を追え  1987.頭から湯気を立てる  1972.頭に来る  1957.頭が低い  1942.頭が下がる  1927.頭隠して尻隠さず  1911.頭が切れる  1891.頭が固い  1869.頭が痛い  1844.頭が上がらない  1828.足を向けて寝られない  1811.足を引っ張る  1794.足を運ぶ  1776.足を延ばす  1758.足を取られる  1740.足をすくう  1722.味を占める  1704.足を奪われる  1686.足を洗う  1665.足元(下)を見る  1644.足元(下)にも及ばない  1623.足元(下)に火がつく  1602.足元(下)から鳥が立つ  1581.味も素っ気もない  1560.足の踏み場もない  1538.足に任せる  1515.明日は明日の風が吹く  1492.朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり  1468.足が棒になる  1443.足が早(速)い  1417.足が鈍る  1391.足が出る  1364.足が付く  1337.足が地に着かない  1308.足が重い  1278.朝焼けは雨、夕焼けは晴れ  1248.浅い川も深く渡れ  1218.顎を出す  1188.顎で使う  1158.顎が干上がる  1126.顎が落ちる  1094.明けても暮れても  1061.上げ膳据え膳  1028.挙(揚)句の果て  995.揚げ足を取る  962.胡坐をかく  928.悪銭身に付かず  893.悪戦苦闘  858.悪事千里を走る  821.灰汁が抜ける  785.秋の日は釣瓶落とし  748.秋茄子は嫁に食わすな  709.空き樽は音が高い  670.赤の他人  632.赤子の手をひねる  593.青は藍より出でて藍より青し  553.青菜に塩  512.青田買い  471.青筋を立てる  431.青色吐息  389.阿吽の呼吸  349.会うは別れの始め  306.曖昧模糊  263.愛別離苦  220.合いの手を入れる  176.相槌を打つ  132.開いた口が塞がらない  88.愛想を尽かす  44.合縁奇縁  1.ああ言えばこう言う