「二枚舌を使う」とは、相手によって都合よく違うことを言うこと

「二枚舌を使う」とは、相手によって都合よく違うことを言うこと。
意味:

  • 相手によって都合よく違うことを言うこと。
  • 本心と建前を使い分けること。
  • 嘘をついて人を騙すこと。

語源:

  • 舌が二枚あるように、二つの異なることを言えることから。
  • 古代中国の故事からとも言われる。

類義語:

  • 舌先三寸
  • 八方美人
  • 口先上手
  • 巧言令色
  • 朝三暮四

対義語:

  • 正直
  • 真面目
  • 誠実
  • 信用
  • 信頼

例文:

  • あの人は二枚舌を使って、人を騙している。
  • 二枚舌を使う人は、信用できない。
  • 政治家は二枚舌を使うのが上手い。

補足:

  • 二枚舌を使うことは、相手を欺いたり、自分の利益を得たりするために使われることが多い。
  • 二枚舌を使うことは、信頼を失う原因となる。

参考URL:
「二枚舌」とはどんなときに使う?言葉の意味・類語や使い方を例文で紹介 | Domani

関連表現:

  • 偽り
  • 欺瞞
  • 虚偽
  • 不誠実

注意:

  • 二枚舌を使うことは、倫理的に問題のある行為です。
  • 二枚舌を使うことは、人間関係を悪化させる原因となる。