手が付けられない

【漢字】手が付けられない
【読み】てがつけられない
【意味】取るべき方法・手段がない。どうしようもない。
【例文1】赤ちゃんはいったん泣き出すと手が付けられない。
【例文2】肥満を放っておいたら、手が付けられないほど腎臓がやられていた。
【参考】「手を付ける(=始める)」の否定形「手を付けない(=始めない)」とは意味が異なることに注意。

手が付けられないをテーマにした記事

手が付けられないほどの虫歯を作ってしまいました

就職をしてからしばらくの間、研修やらなんやらで何かと忙しく、歯をちゃんと磨かなかった時期があります。
それである時、急に複数の歯が痛み始め、どうにも我慢できない状態となってしまったのです。
仕方がないので、歯医者に行く事にしました。
歯医者さんに口の中を診てもらうと、手が付けられないほどたくさんの虫歯がある事を指摘されたのです。
これを完全に治療するには、長期間かかると言われてしまい、愕然としてしまいました。
しかし一本たりとも虫歯をほっておくわけにはいかないので、気長に治療して貰う事にしました。
治療中嫌だったのは、麻酔を打たれる事です。
治療の痛みを和らげるためとはいえ、この麻酔の注射がやたらと痛かったのです。
毎回毎回治療の度に、この痛い麻酔注射をされてしまい、いい加減歯医者に通うのが嫌になってしまう程でした。
しかし途中で投げ出してしまっては虫歯がそのままになってしまいますから、歯をくいしばって耐える事にしたのです。
一部の歯は治療困難で、抜歯する事になってしまったのですが、抜歯からしばらくの間痛みがあり、これも苦痛の種となっていました。
そんなこんなで色々とありましたが、何とか虫歯を全て治療し終えたのです。
何とか虫歯は治りましたが、抜いてしまった歯もあり、手が付けられないほどの虫歯を作ってしまった事をひどく後悔しました。