」カテゴリーアーカイブ

「柳眉を逆立てる」とは、美しい眉を怒りで逆立てる様子

「柳眉を逆立てる」とは、美しい眉を怒りで逆立てる様子。

意味:

  • 美しい眉を怒りで逆立てる様子。
  • 非常に怒り、憤慨している様子を表す。
  • 柳のように細い美しい眉を逆立てることによって、怒りの激しさを表現している。

読み方: りゅうびをさかだてる

語源:

  • 中国の古典詩集『詩経』の「小雅・斯干」に由来すると言われています。

類義語:

  • 激怒
  • 憤激
  • 怒髪衝冠
  • 怒り狂う
  • 憤慨

対義語:

  • 微笑
  • 歓喜
  • 平静
  • 泰然自若
  • 冷静沈着

例文:

  • 彼女は彼の無責任な発言に、柳眉を逆立てて怒った。
  • 社長は会社の不祥事を受け、柳眉を逆立てて社員を叱責した。
  • 不当な扱いを受けた彼は、柳眉を逆立てて抗議した。

補足:

「柳眉を逆立てる」は、女性が怒る様子を表す慣用句としてよく使われますが、男性にも使用できます。

参考URL:
柳眉を逆立てる(りゅうびをさかだてる)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書

「綸言汗のごとし」とは、日本語の慣用句で、天子の一言は汗のように取り消すことができないという意味

「綸言汗のごとし」とは、日本語の慣用句で、天子の一言は汗のように取り消すことができないという意味です。

語源

「綸言」は、天子の言葉、「汗」は、一度出たら二度と体内に戻らないものを意味します。

意味

天子の言葉は重く、一度口に出したら取り消すことができないという意味です。これは、天子の一言が国民の命運を左右するほどの影響力を持つため、慎重に発言する必要があるという戒めです。

類義語

  • 一言九鼎
  • 重言無重
  • 言行一致
  • 慎重
  • 思慮深い

対義語

  • 軽率
  • 無責任
  • 反復

例文

  • 王様は「明日から戦争を始める」と綸言を下した。国民は不安に包まれた。
  • 大臣は慎重に言葉をを選び、綸言汗のごとしということを肝に銘じていた。
  • 社長は部下の前で言ったことを撤回した。綸言汗のごとしということを理解していないようだ。

参考URL:
綸言汗の如し(りんげんあせのごとし)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書

故事成語辞典

  • 韓非子 ― 内儲説上
  • 史記 ― 秦始皇本紀

「律義者の子沢山」とは、真面目な人は、遊蕩などせず、夫婦円満なので、自然に子供が多く生まれるという意味

「律義者の子沢山」とは、真面目な人は、遊蕩などせず、夫婦円満なので、自然に子供が多く生まれるという意味。

読み方: りちぎもののこだくさん

意味:

  • 真面目な人は、遊蕩などせず、夫婦円満なので、自然に子供が多く生まれる。

語源:

  • 江戸時代から伝わることわざ。
  • 律義者は遊興などに興味がなく、家庭を大切にするので、子供をたくさん授かるという考え方。

例文:

  • 彼のような律義者の子沢山は、昔も今も変わらない。
  • 彼女は律義者なので、きっと子沢山になるだろう。
  • 律義者の子沢山は、幸せな家庭の象徴だ。

類義語:

  • 真面目な人は子沢山
  • 堅物の子沢山
  • 実直な人は子沢山
  • 誠実な人は子沢山

対義語:

  • 不真面目な人は子宝に恵まれない
  • 遊蕩者は子宝に恵まれない
  • 不誠実な人は子宝に恵まれない
  • 家庭を顧みない人は子宝に恵まれない

使い方:

  • 「律義者の子沢山」は、真面目な人が子供をたくさん授かることを表現する時に使います。
  • 具体的な人物に対して使うだけでなく、抽象的な表現としても使用できます。
  • 現代では、必ずしも真面目な人が子沢山とは限らないため、注意が必要です。

例文解説:

  • 例文1: 彼のような律義者の子沢山は、昔も今も変わらない。

この例文では、真面目な人は昔から子沢山であったという考え方を示しています。

  • 例文2: 彼女は律義者なので、きっと子沢山になるだろう。

この例文では、彼女が真面目な性格なので、子供をたくさん授かるだろうと予測しています。

  • 例文3: 律義者の子沢山は、幸せな家庭の象徴だ。

この例文では、真面目な人が子供をたくさん授かることは、幸せな家庭の象徴であるという考え方を示しています。

補足:

  • 「律義者の子沢山」は、日本語のことわざであり、英語で直訳しても意味が通じません。英語で同様の意味を伝える場合は、「A serious person will have many children」、「A faithful person will be blessed with many children」、「A honest person will have a large family」などの表現を使う必要があります。

律義者の子沢山(りちぎもののこだくさん)とは? 意味や使い方 - コトバンク参考URL:

その他:

  • 現代では、晩婚化や少子化の影響で、昔のように子沢山の家庭は珍しくなりました。

「粒粒辛苦」とは、米を作るには、一粒一粒に大変な苦労がかけられて、その後にできるということ

「粒粒辛苦」とは、米を作るには、一粒一粒に大変な苦労がかけられて、その後にできるということ。

意味:

  • 農民が米を作るには、一粒一粒に大変な苦労がかけられて、その後にできるということ。
  • 転じて、こつこつと努力して物事を成し遂げること。

読み方: りゅうりゅうしんく

類義語:

  • 刻苦勉励
  • 精進努力
  • 勤勉
  • 努力
  • 忍耐

対義語:

  • 怠惰
  • 安易
  • 軽率
  • 無精
  • 不真面目

例文:

  • 彼が成功したのは、粒粒辛苦の努力の賜物だ。
  • 彼女は刻苦勉励して、夢を叶えた。
  • 勤勉な彼は、周囲から信頼されている。

補足:

  • この言葉は、唐の詩人李紳の詩「憫農詩」の一節「誰知盤中餐、粒粒皆辛苦」に由来します。
  • 現代社会でも、努力の大切さを説く言葉として使われています。

参考URL:
粒粒辛苦(りゅうりゅうしんく)とは? 意味・読み方・使い方 - 四字熟語一覧 - goo辞書

「輪廻転生」とは、人が死後、新たな生命に生まれ変わるという考え方

「輪廻転生」とは、人が死後、新たな生命に生まれ変わるという考え方です。日本語では「りんねてんしょう」と読みます。

仏教では、六道と呼ばれる六つの世界を生まれ変わり続けると考えられています。六道とは、地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天の六つの世界です。

輪廻転生のサイクルは、業によって決まると考えられています。業とは、人が生きた過程で行った行為の善悪のことです。善行を積めば、より良い世界に生まれ変わり、悪行を積めば、より苦しい世界に生まれ変わるとされています。

輪廻転生の目的は、悟りを開いて、輪廻転生のサイクルから解放されることです。

輪廻転生の考え方について

輪廻転生の考え方は、古代インドで生まれました。仏教だけでなく、ヒンドゥー教やジャイナ教などの宗教でも見られます。

輪廻転生の考え方について、様々な解釈があります。

  • 人間の魂は不滅であり、死後も生まれ変わり続けるという考え方
  • 人間の魂は永遠ではなく、死後、新たな魂に生まれ変わるという考え方
  • 輪廻転生は、単に生まれ変わりを繰り返すのではなく、精神的な成長の過程であるという考え方

輪廻転生の現代における意味

輪廻転生は、現代でも多くの人々に信じられています。特に、仏教徒の間では、輪廻転生の考え方が根強く残っています。

輪廻転生の考え方は、人生の苦しみや死への恐怖を克服する助けになると考えられています。また、人々に倫理的な行動をするように促す効果もあると考えられています。

参考URL:
輪廻 - Wikipedia

輪廻転生とは、人が死後、新たな生命に生まれ変わるという考え方です。日本語では「りんねてんしょう」と読みます。

仏教では、六道と呼ばれる六つの世界を生まれ変わり続けると考えられています。六道とは、地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天の六つの世界です。

輪廻転生のサイクルは、業によって決まると考えられています。業とは、人が生きた過程で行った行為の善悪のことです。善行を積めば、より良い世界に生まれ変わり、悪行を積めば、より苦しい世界に生まれ変わるとされています。

輪廻転生の目的は、悟りを開いて、輪廻転生のサイクルから解放されることです。

輪廻転生の考え方について

輪廻転生の考え方は、古代インドで生まれました。仏教だけでなく、ヒンドゥー教やジャイナ教などの宗教でも見られます。

輪廻転生の考え方について、様々な解釈があります。

  • 人間の魂は不滅であり、死後も生まれ変わり続けるという考え方
  • 人間の魂は永遠ではなく、死後、新たな魂に生まれ変わるという考え方
  • 輪廻転生は、単に生まれ変わりを繰り返すのではなく、精神的な成長の過程であるという考え方

輪廻転生の現代における意味

輪廻転生は、現代でも多くの人々に信じられています。特に、仏教徒の間では、輪廻転生の考え方が根強く残っています。

輪廻転生の考え方は、人生の苦しみや死への恐怖を克服する助けになると考えられています。また、人々に倫理的な行動をするように促す効果もあると考えられています。

関連資料

「立身出世」とは、社会的に高い地位や名声を得ること

「立身出世」とは、社会的に高い地位や名声を得ること。

読み方: りっしんしゅっせ

意味:

  • 社会的に高い地位や名声を得ること。
  • 努力や才能によって地位や名声を得て、成功すること。

例文:

  • 彼は立身出世を夢見て、努力を重ねた。
  • 彼女は立身出世のために、厳しい競争を勝ち抜いた。
  • 彼らは立身出世を目標に、日々邁進している。

類義語:

  • 成功
  • 出世
  • 名声
  • 地位
  • 名誉

対義語:

  • 失敗
  • 挫折
  • 無名
  • 卑屈

補足:

  • 「立身」は、社会的な地位を得ること。名声を得ること。
  • 「出世」は、社会に出て、立派な地位・身分を得ること。

「立身出世」は、時代 や 価値観 によって 意味 が 変化 する 言葉 です。

現代 では、 必ずしも 高い 地位 や 名声 を 得 ること だけが 立身出世 と は 考え られて いません。

自分 の 目標 を 達成 し、 自分 の人生 を 豊かに 生き ること も 立身出世 と 言 える でしょう。

「立身出世」 を 目指 す 場合 は、 以下 の よう な こと が 大切 です。

  • 明確 な 目標 を 持つ
  • 努力 を 惜しま ない
  • 失敗 を 恐れ ない
  • 周囲 の人 との 人間関係 を 大切 にする

「立身出世」 は 簡単 な 道 では ありません。 しかし、 強い 意志 と 努力 があれば、 必ず 達成 できる ものです。

自分 の 夢 を 信 じて、 努力 を 続け て いきましょう。

参考URL:

立身出世(りっしんしゅっせ)とは? 意味・読み方・使い方 - 四字熟語一覧 - goo辞書

「良妻賢母」とは、夫に対してはよい妻であり、子供に対しては養育に励む賢い母であること

「良妻賢母」とは、夫に対してはよい妻であり、子供に対しては養育に励む賢い母であること。

意味:

  • 夫に対してはよい妻であり、子供に対しては養育に励む賢い母であること。
  • 家庭内でそれぞれの役割を完璧に果たし、家族を支える女性像を表す言葉。

読み方: りょうさいけんぼ

歴史:

  • 明治時代に、欧米の近代国家を模範として女性の教育方針が定められた際に、理想的な女性像として「良妻賢母」という言葉が広く使われるようになりました。
  • 当時は、男性は社会で働き、女性は家庭を守るという性別役割分担が一般的でした。
  • そのため、「良妻賢母」という言葉は、女性の社会進出を制限する役割も果たしました。

現代における意味:

  • 現代では、女性の社会進出が進み、性別役割分担も変化しています。
  • そのため、「良妻賢母」という言葉は、昔のような意味合いを持っていません。
  • 現代における「良妻賢母」は、家庭内で自分の役割を果たしながらも、自身の個性や能力を発揮して社会と繋がる女性像を指す場合が多いです。

注意点:

  • 「良妻賢母」という言葉は、女性を固定的な役割に縛りつけるという批判もあります。
  • 女性の生き方は多様であり、すべての人が「良妻賢母」になる必要はありません。

参考URL:
良妻賢母(りょうさいけんぼ)とは? 意味や使い方 - コトバンク

「燎原の火」は、「草原を焼き尽くすように広がる火」という意味

「燎原の火」は、「草原を焼き尽くすように広がる火」という意味を表します。

比喩的に、「急速に広がり、制御不能な状態」 を表すために使われます。

由来

このことわざは、中国の古典籍である「尚書」 (Shāngshū) に由来します。

使い方

このことわざは、主に以下の場面で使われます。

  • 思想や運動の急速な広がり: 思想や運動が、燎原の火のように勢いよく広がる様子を表す
  • 感情の抑制: 怒りや恐怖などの感情が、燎原の火のように広がる前に抑制する必要があることを伝える
  • 制御不能なものの危険性: 噂やデマ情報などが、燎原の火のように広がり、大きな被害をもたらす危険性を伝える

例文

  • 「インターネットの普及は、情報の拡散速度を燎原の火のように加速させた。」
  • 「彼の怒りは燎原の火のように燃え広がり、周囲の人々を巻き込んだ。」
  • 「噂は燎原の火のように広まるから、注意しなければならない。」
  • 「災害時のパニックは、燎原の火のように広がり、二次被害を招く恐れがある。」
  • 「燎原の火のような勢いで進む開発は、環境破壊を招きかねない。」

類似のことわざ

  • 「野火のごとく」 (noyaki no gotoku): 野火のように
  • 「津波のように」 (tsunami no gotoku): 津波のように
  • 「雪崩のように」 (nadare no gotoku): 雪崩のように

まとめ

「燎原の火」は、急速に広がり、制御不能なものの危険性を伝えることわざです。

思想や感情の抑制、情報の拡散などに注意し、社会に悪影響を与えるようなものを食い止めることが大切です。

参考URL:
燎原の火(リョウゲンノヒ)とは? 意味や使い方 - コトバンク

「立錐の余地もない」とは、人が非常に密集していて、身動きも取れないほど混雑している様子

「立錐の余地もない」とは、錐(きり)の先を立てるほどのスペースもないことから、人が非常に密集していて、身動きも取れないほど混雑している様子を表す慣用句です。

類義語

  • 人山人海
  • 肩が触れ合う
  • 満員電車
  • ラッシュアワー
  • 芋洗い

対義語

*ガラガラ

  • 広々
  • ゆったり
  • スカスカ

例文

  • 人気アーティストのライブ会場は、立錐の余地もないほどの人で溢れていた。
  • 年末のセール会場は、立錐の余地もないほどの混雑で、買い物どころではなかった。
  • 通勤ラッシュの電車は、立錐の余地もないほどぎゅうぎゅう詰めだった。

補足

「立錐の余地もない」は、非常に混雑している様子を強調したい時に使うと効果的です。

英語表現

「立錐の余地もない」は、英語で"packed to the rafters"や"not an inch to spare"などの言葉で表現できます。

例文

  • The concert hall was packed to the rafters with fans.
  • The train was so crowded that there wasn't an inch to spare.

参考URL:
立錐の余地もない(りっすいのよちもない)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書

「梁上の君子」とは、盗人のこと

「梁上の君子」とは、盗人のことを言います。

意味:

「梁上の君子」とは、以下の2つの意味を持つ慣用句です。

  1. 盗人のこと
  • 中国の後漢時代の陳寔という人物が、夜中に梁に隠れていた盗人に気づき、子供たちに悪いことをすればこうなるぞと戒めた故事から。
  1. ネズミのこと
  • 梁の上を走り回って物をかじったりするネズミの様子から。

読み方: りょうじょうのくんし

類義語:

  • 盗賊
  • ネズミ
  • どろぼう
  • 窃盗犯

例文:

  • 夜中に物音がしたので、梁上の君子かと思って恐ろしかった。
  • 家に梁上の君子が出るので、対策を考えないといけない。
  • 梁上の君子が食べ物をかじってしまったので、新しいものを買わないといけない。

語源:

「梁上の君子」は、中国の故事に由来する表現です。

使い方:

「梁上の君子」は、どちらの意味で使っても良いですが、一般的には1番目の意味で使われることが多いです。

注意点:

「梁上の君子」は、ネガティブな意味で使われる表現です。

参考URL:
梁上の君子(りょうじょうのくんし)とは? 意味や使い方 - コトバンク