「良薬は口に苦し」とは、本当に効き目のある薬は、苦くて飲みにくいものであるという意味の慣用句

「良薬は口に苦し」とは、本当に効き目のある薬は、苦くて飲みにくいものであるという意味の慣用句です。

意味

本当に効き目のある薬は、苦くて飲みにくいものである。

解説

「良薬」は、効き目のある薬。「口に苦し」は、苦くて飲みにくい。つまり、「本当に効き目のある薬は、苦くて飲みにくいものである」という意味になります。

例文

  • 彼は、苦い漢方薬を毎日飲んで、病気を治した。良薬は口に苦しという。
  • 彼女は、苦しい勉強を乗り越えて、夢を実現した。良薬は口に苦しという。
  • 彼らは、厳しい訓練に耐えて、一流のアスリートになった。良薬は口に苦しという。

類義語

  • 苦い薬はよく効く
  • No pain, no gain.
  • 苦しい経験は人を成長させる

対義語

  • 甘い薬
  • 楽な道
  • 遊び

参考URL:
良薬は口に苦し(りょうやくはくちににがし)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書

補足

「良薬は口に苦し」は、苦しい経験や努力は、必ず報われるという意味で使われることもあります。

例文

  • 彼は、失敗を恐れずに挑戦し続けた。良薬は口に苦しという。
  • 彼女は、困難に立ち向かって、自分を成長させた。良薬は口に苦しという。
  • 彼らは、苦しい時代を乗り越えて、成功を収めた。良薬は口に苦しという。

その他

「良薬は口に苦し」は、日本語のことわざであり、他の言語にも同様の意味を持つことわざがあります。

英語

  • "Good medicine tastes bitter."
  • "No pain, no gain."