「藪から棒」とは、藪の中から突然棒を出すように、前触れもなく唐突に行動すること

「藪から棒」とは、藪の中から突然棒を出すように、前触れもなく唐突に行動すること。

読み方: やぶからぼう

意味:

  1. 藪の中から突然棒を出すように、前触れもなく唐突に行動すること。
  2. 話題と関係のないことを突然言い出すこと。

例文:

  1. 唐突な行動:
    • 彼は藪から棒に結婚を申し込んだ。
    • 先生は藪から棒にテストを始めた。
  2. 関係のない話:
    • 話している途中で、彼は藪から棒に昔の思い出を語り始めた。
    • 彼女は藪から棒に好きな芸能人の話を始めた。

類語:

  • 突然
  • 唐突
  • 不意
  • 不意打ち
  • 突拍子もない
  • 無茶

対義語:

  • 予告
  • 準備
  • 計画
  • 段階

補足:

「藪から棒」は、相手を驚かせたり、困惑させたりする可能性があるので、使う場面には注意が必要です。

参考URL:
藪から棒(やぶからぼう)とは? 意味・読み方・使い方をわかりやすく解説 - goo国語辞書