王手を掛ける

【漢字】王手を掛ける
【読み】おうてをかける
【意味】成功・勝利まであと一歩という状況。
【例文1】リーグ戦優勝に王手を掛ける。
【例文2】明日の決勝戦に王手を掛ける。
【例文3】王手を掛けた試合が始まる。

王手を掛けるをテーマにした記事

「王手を掛ける」とはまさに一番の勝負どころ

勝負ごとや目的を達成を目指してがんばった末に、いよいよ目標達成が間近に見えてきた際などには「王手を掛ける」という言葉が使われることがあります。
野球で言えば、リードして9回ツーアウトを迎えた場面であったり、目的の最終段階に入りいよいよという場面でしょうか。
言葉の由来は将棋の「王手」から来ており、王手は次の手番で相手の王を取れる状況です。
王様が取られてしまうと負けになってしまうため、王手を掛けた方は勝利目前、掛けられた方は絶対絶命という場面です。
しかし王手を掛けたからといって勝利が確定したわけではありません。
王手を掛けられてもまだ逃げる余地が残されていることもありますし、詰みまでに相手がミスをすることも考えられます。
真剣勝負というのはひとつのミスが流れを大きく変えてしまうことがあります。
これは将棋以外でも同じことで、王手を掛けたあと。つまり目標達成の直前こそ最も重要な場面です。
人は目標が達成できると感じると、無意識に気が緩んだり、心にブレーキがかかってしまうとも言われています。
王手を掛けたあといかに気を抜かずに最後までやりきるか。人間同士の戦いであっても目標に向かっているときでもまさにここが一番の勝負どころと言えます。

「王手を掛ける」とは

「王手を掛ける」はご存知のように将棋の言葉です。相手の王将の駒を手中に納めるような手を自分が打った時、「おうて」と声をかけるのがルールです。つまり「王手を掛ける」は「将棋で直接、相手の王将を攻める手法をとること、であり転じて相手の死命を制するような手段にでること」です。先日将棋の非公式戦で14歳の藤井聡太四段が羽生善治三冠と対決し、羽生棋士が負けましたが、その時も「王手」の言葉はかからず、素人にはわからないほどのタイミングで「負けました」と羽生棋士が頭を下げていました。将棋の上手な人ほど先の手、先の手と読むので「えっここで」という場面で投了となりますね。ところで将棋の駒には「王将」と「玉将」があるのはご存知ですか?元々は「玉将」しかなく、「玉」から点を取ったのが「王将」なのです。王将が生まれた由来は不明ですが「玉」と「王」の字が似ているため、区別するために一方を「王」にしたとする説や、豊臣秀吉が「王でないと気に入らない」「王は一人でよい」と言って一方の点を取ったなど諸説あるそうです。といって二つの駒の動きに違いはありません。慣例として、上位の者が「王将」、下位の者が「玉将」を使うことになっています。先ほどの二人の戦いでも羽生棋士が「王将」を藤井棋士が「玉将」を使っていました。挑戦者が「玉将」と覚えておけば間違いないですね。命の取り合いはなくても将棋の世界の勝負はハードで、一局終わると体重がガクンと落ちている棋士もいるそうです。大変なんですね。

」で始まる言葉一覧

1989.恩を売る  1974.恩を仇で返す  1959.恩に着る  1944.恩に着せる  1929.音頭を取る  1913.温故知新  1893.尾を引く  1871.折り紙付き  1846.親はなくとも子は育つ  1830.親の光は七光  1814.親の脛をかじる  1761.親方日の丸  1743.重荷を下ろす  1725.思う壺  1707.思うこと言わねば腹膨る  1689.思い立ったが吉日  1668.溺れる者は藁をもつかむ  1647.尾ひれを付ける  1626.お百度を踏む  1605.帯に短し襷に長し  1584.お鉢が回る  1563.十八番  1541.尾羽うち枯らす  1518.鬼も十八、番茶も出花  1495.鬼の目にも涙  1471.鬼の首を取ったよう  1420.鬼の居ぬ間に洗濯  1394.鬼に金棒  1340.鬼が出るか蛇が出るか  1311.同じ釜の飯を食う  1281.同じ穴の狢  1251.音に聞く  1221.男は度胸、女は愛嬌(敬)  1191.男心と秋の空  1161.お茶を濁す  1129.お茶の子さいさい  1097.小田原評定  1064.お高くとまる  1031.押しも押されもしない  1009.親思う心に勝る親心  998.押しが強い  965.教えの庭  931.お先棒を担ぐ  896.驕る平家は久しからず  861.後(遅れ)れを取る  824.臆面もなく  788.おくびにも出さない  751.奥歯に物が挟まる  712.屋上屋を架す  673.傍(岡)目八目  635.お株を奪う  596.陸に上がった河童  557.大目に見る  516.大目玉を食う  475.大見得を切る  435.大風呂敷を広げる  393.大船に乗ったよう  310.大手を振る  267.大きな口をきく  224.大きな顔をする  180.大男総身に知恵が回りかね  136.おうむ返し  92.王手を掛ける  48.負うた子に教えられて浅瀬を渡る  5.老いては子に従え