「五月の鯉の吹き流し」とは、江戸っ子の気質をたとえることわざ

「五月の鯉の吹き流し」とは、江戸っ子の気質をたとえることわざです。

  1. 五月中に空を泳ぐ鯉の吹き流し

  2. 江戸っ子の気質をたとえることわざ

  3. 五月中に空を泳ぐ鯉の吹き流し

鯉のぼりは、端午の節句(5月5日)に男の子の健やかな成長を願って飾られるものです。吹き流しは、鯉のぼりと一緒に飾られる長い筒状の飾りで、風を受けて泳ぐように揺れます。

  1. 江戸っ子の気質をたとえることわざ

「五月の鯉の吹き流し」は、「鯉のぼりの吹き流しは、口を開けて泳いでいるように見えるが、腹の中は空っぽである」ことから、江戸っ子の気質をたとえることわざとして使われます。江戸っ子は、口は悪いが心はさっぱりしていて、こだわらない性格であると言われています。

例文:

  • 彼は、典型的な「五月の鯉の吹き流し」で、口は悪いが心は優しい。
  • 彼女は、江戸っ子気質で、「五月の鯉の吹き流し」のような性格だ。

類義語:

  • 江戸っ子
  • 気っぷりが良い
  • さっぱりしている
  • 口は悪いが心は優しい

対義語:

  • 小心者
  • 陰気
  • 口は良いが心は黒い

補足:

  • 「五月の鯉の吹き流し」 は、日本語の日常会話でよく使われる表現です。
  • 英語では、"carp streamer" や "frank and open" など、状況に合わせて訳語が異なります。

例文:

  • 空を泳ぐ五月の鯉の吹き流しを見ると、端午の節句が近づいたことを感じる。
  • 彼は、口は悪いが「五月の鯉の吹き流し」のような性格で、みんなに好かれている。
  • 彼女は、江戸っ子気質で、「五月の鯉の吹き流し」のようなさっぱりした性格だ。

「五月の鯉の吹き流し」 は、江戸っ子の気質 や 五月 という季節を象徴する言葉として、幅広く使用されています。

参考URL:
<江戸っ子は五月(さつき)の鯉(こい)の吹き流し/口先ばか…:東京新聞 TOKYO Web